北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ連載作の私的ランキング(2017年11月末版)

 11月でジャンプの2017年度が終わるということで書きました……というのはウソです。
 我が家のネット回線が絶賛死亡中で『ドラクエ10』が出来ないのです。ムシャクシャして書いた。
 2017年の総括記事を書くのが億劫すぎるのでお茶を濁す機能もあったりします。


 最近書いたランキング関連の記事。変わったり変わらなかったりです。ただ、『左門くん』『磯兵衛』がなくなったのはデカイですね。

 ルール。『HUNTER×HUNTER』はナシ。『ワールドトリガー』もナシ。このムシャクシャして書いたけど、冨樫が帰ってくる前に書いたのはタイミング良かったと思う。アレちょっと扱いに困る。そして、『ワールドトリガー』はそろそろマジでやばいですね。根強い人気は未だにあると思いますが、浅い人気がやばいと思います。
 逆に、『BORUTO』はアリです。
 そして、全21本の中で、ベスト16を決めます。前回の時は最下位周辺を当時の新連載で固められたけど今回はそれが出来ません。そうすると角が立つのでぼかします。キリよく最後の5本をぼかします。まぁ、ネタバレすると17位は『勉強』です(じゃあ入れろよ)。

  1. ゆらぎ荘の幽奈さん
  2. ハイキュー!!
  3. 火ノ丸相撲
  4. ブラッククローバー
  5. 『フルドライブ』
  6. 僕のヒーローアカデミア
  7. ONE PIECE
  8. 銀魂
  9. 『ROBOT×LASERBEAM』
  10. 『トマトイプーのリコピン
  11. 約束のネバーランド
  12. 食戟のソーマ
  13. BORUTO
  14. 鬼滅の刃
  15. 青春兵器ナンバーワン
  16. 『ゴーレムハーツ』

 1位『ゆらぎ』2位『ハイキュー』3位『相撲』。
 プロ編入って『相撲』ヤバくね??と思ってるので前回よりも上げようと決意したんですが、上げようがなかったw トップ2はそういうことです。個人的に偏愛してる作家が帰ってきたらまぁ相手になる可能性はあるかもしれない……とかそういうレベル。

 4位『ブラッククローバー』。
 ベジータに感化されました。いやその前から、みんな『ブロクロ』のことナメてるだろ、みたいな印象はあったんですけどね。それでもワタシの評価が低かった……という反省の現れです。
 最近の『ブラクロ』めっちゃ面白い……という感じは正直ありません。当たり前に面白い、というレベルがめっちゃ高い。
 ちなみに、このトップ4は作者の目次コメントもめちゃくちゃ好きです。

 5位『フルドライブ』。
 ちょっと高くしすぎたかな……とビビりつつ、期待とか応援とかそういう気持ちも込みで。トップ4ほど「これだけは外せない!」という作品もなかったのでココらへんで。
 キャラは魅力的ですし、語り口も非常に好みです。「この作者ならもう何やってもボチボチ面白いんじゃない?」という信頼が早くも生まれつつあります。

 6位『ヒロアカ』。
 ミリオの「ファントムメナス」以降、オバホ編がめちゃくちゃ面白かったです。それと、前回のランキングがいくらなんでも低すぎたという反省。

 7位『ONE PIECE』。
 この企画でいつも困るのが本作の位置。ジャンプを読む前から読んでた作品だからコレだけ認識が少し違うんですよね。まぁ、とりあえず今回は『ONE PIECE』を低くしてみよう、というコンセプトもありました。『ONE PIECE』が高いとランキングがつまらないかな、という気がした。

 8位『銀魂』。
 『ブラクロ』と同じで、『銀魂』ナメんなよ、みたいな気持ちがあります。ちょっと低くなっちゃったけど、上が詰まってるんだよなぁ。
 個人的にはこのまま終わりそうで終わらない最終章バトルを延々と続けてくれても全然嬉しいです。バトルと屁理屈は現連載陣でもトップレベルだと思いますね。

 9位『ROBOT×LASERBEAM』。
 これももうちょっと上にしたかったんだけど、ランキングは難しいなぁ。
 『火ノ丸相撲』に続いてプロ編に入ったワケですけど、個人的に最大の収穫は、再びメガネをかけるようになったことですね。

 10位『トマトイプーのリコピン』。
 新連載でこんだけ高いって凄いことなんですよって言いたいんだけど、伝わりにくいよなぁw
 もちろん本作単独で面白いってのはあるんですが、「今のジャンプにはこういうギャグ作品が足りなかった!!」という気持ちも大きいです。そこらへんは初回感想に書いたと思う。

 11位『約束のネバーランド』。
 前回のランキングの反省点に『約束』過小評価があるんですけど、今回も反省です。トップ10から漏れるってのは我ながら違和感です。ただ、他に落とす作品が思いつかんのですよ。
 脱獄後もフツーに面白いし、『約束』っぽいなーという話が続いてるので個人的には何の不満もないです。『HUNTER×HUNTER』の連載が再開しても味わうことの出来ないゴンの狂気を感じられるのも本作の魅力ですねw

 12位『食戟』13位『BORUTO』14位『鬼滅』15位『青春』。
 もう言うことが同じになっちゃうからまとめますけど、ここまで低くするつもりはなかったんだよ……という感じです。まぁ、そんな中の順序は割と納得いってます。1話完結の『青春』は続きモノに比べると評価がブレがちなので少し揺れますけどね。

 16位『ゴーレムハーツ』。
 ベスト15にすればキリよかったけど、「以下略」にするのは申し訳ないかな……となった。てか、師匠の女性キャラが好きなんですよ。好きな女性キャラランキングだったらトップ10は余裕です。
 あー、女性キャラランキング記事も割と良かったですね。まぁ、1作に1人という縛り設けないといけない、とかそういう兼ね合いはありますけど(じゃないと『ハイキュー』で埋め尽くされる)。

 その他。
 17位は『勉強』です。まぁ、ビリは新連載しとく方が穏便な気がしたんですよ。

 さっき書いた女性キャラランキング、記事にするまでもないので、考えてみます。

 1位『ハイキュー』ミカちゃん。
 今のランキングと考えるとミカちゃんがちょっと強すぎる。

 2位『ゆらぎ』幽奈さん。
 『ゆらぎ荘の幽奈さん』という作品が好きということは幽奈さんが好きと同義、と思うので本作からは幽奈さん選出。
 メインキャラ禁止で考えるなら雲雀ちゃん夢咲先生、夜々あたりかな。

 3位『食戟』竜胆。
 この人さえ出てくればその回は当たり、という程度には大好きです(当たり回みたいな考え方はアレですが)。萌えキャラとしての側面もあるのに恋愛関係が今のところないのが個人的にはめちゃくちゃ評価ポイントだったりします。

 4位『BORUTO』サラダ。
 当ブログを念入りに読んでる人だと伝わると思いますけど、妙に好きです。短期連載の影響が大きいんですけどね。

 5位『斉木』相卜。
 黒ギャルが特別好きなワケではないです(嫌いでもない)。本作で珍しく超能力は人の役に立てないとダメっしょ、という価値観を持ってる部分が好きです。意外となかった視点。

 6位『フルドライブ』白石真凛
 ごめん、リンの字が自信ない。調べる気力もない。本作はどのキャラも魅力的に描くのがうまいと思いますけど、目立って分かりやすいのは彼女ですよね。

 7位『ゴーレツハーツ』エイル。
 大食い、オッサン仕草の似合う女性がどうしようもなく好きです。こればっかりは好みだから仕方ない。

 8位『約束』エマ。
女性版ゴンですねw 多分これ考えてる人はワタシだけじゃないと思います。

 9位『火ノ丸相撲』五條レイナ。
 川田先生は女性キャラも余裕で魅力的なので自信持ってくださいw

 10位『勉強』古橋。
 よっ!師匠!! 女性キャラ括りだと割を食ったけど、今年の新キャラランキングだったらかなり強い。ラブコメ作品における「気づく」という個性は発明ですね。

 ということで、好きな女性キャラベスト10も終わり。偶然キリよくなって良かった。
 連載作のランキングに比べるとテキトーに決めたので、取りこぼしはあるかもしれない。まぁ、独立した記事にするほどでもないのでまぁいいかなと。


 終わりです。定期的にランキングという形にしておきたい、という気持ちはあるんですよ。毎週の感想を読む際に「あーアイツは○○信者だから……」って参考になればいいかな、と思います。もちろん好き嫌い関係ない指摘をしてるつもりな話もありますけど、連載を追っかけてると愛着とか大好き!!ってバイアスはかかっちゃいますよ。

街コロマッチ!+ 2 (ジャンプコミックス)

街コロマッチ!+ 2 (ジャンプコミックス)

 祝完結です(めでたいのかは知らん)。
 『街コロ』がジャンプ本誌にいたらトップ争い間違いなかったです。平方先生プリーズカムバック。