北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ(2011年31号)の感想

 今週も打ち切りがありますよ。ニヤニヤが止まりませんな。4週連続とかやりすぎです。
 んで、新連載第二弾もあります。今度のはラブコメなのかな? 正直少年マンガで恋愛マンガはあまり好きじゃないです。恋愛がメインじゃない作品の恋愛要素は好きなんですが。まぁ、そこらへん不安ですね。タイトルが無駄に『鏡の国のアリス』と引っかけてるあたりは気になります(・・・とはいえ読んだことがないので比較はできない)。
 来週から読み切りが6週続くみたいですよ。つまんない連載を毎週読むよりはつまんない読み切りの方がスッキリします。まぁ、おもしろければ言うことなしですが。


新連載
鏡の国の針栖川
 カラーの1ページ目からパンツとは、健全ですなぁ。そういや、最近どの作品もエロ展開が少なかった気がするので、新鮮です。
 カラーが終わってモノクロになった1ページ目でもパンチラ。マジか・・・・どんだけですか。盛ってくんなぁ。
 劇中「パンツ丸見えだよ」と言及するシーンでは見えない。セリフにすることによって、読者にパンチラを意識させ、ケツに注目させ、見せない。サディズムですね。
 命の恩人という称号=呪い。友達期間が長すぎて告白できない、みたいな? 「絶対的確証がない限り」告白はできない、ってとんだダメ人間ですな。命の恩人に偶然なることによって友達にはなれたけど、告白できないのをそのせいにする。素晴らしいです。
 冒頭のパンチラ連続→劇中セリフでパンチラに触れる→パンチラなし→鏡入りして冒頭のシーンへ→パンチララッシュ というエロの緩急。ヒロインを覗くのは着替えで、風呂を覗くのはヒロインでないというのがミソですな。
 姿見で等身大。手のひらサイズの恋人、ってワケではないのか。『南くんの恋人』的な。
 超雑な悪人出てきたなぁー。ヒロインが撃退、ってなんのためだ。結構唐突なシーンだけど、なぜ挟んだんだろう。エロ展開の終わりを告げる役割があったのかな?
 んで、鏡の中と外が入れ替わって、来週へ。そのうち、鏡越しにキスしたりするんでしょうね。
 少年マンガの恋愛モノってエロが不可欠なんでしょうか。それはそれでどうも違和感が・・・・。てか、スゴイ分量のエロ展開だったな。ジャンプのエロ枠はお任せ、ということでしょうか。しかし、エロ展開の低IQっぷりは時代が流れても変わりませんね。「いかに女子のパンチラ、裸を覗くか」というだけですからね。ふむ、健全だと思いますよ。


『ワンピース』
 150kmてwwwwww 『ブリーチ』かよwww
 ていうか、『ブリーチ』関係なくても数字がヤバイですね。
 クスリのやりすぎの末、リスクもなく強くなる、って不健全だな。最終的には「ダメ、ゼッタイ」的な展開になってくれるんだろうな。じゃなきゃマズイだろ。
 王子たちの噛ませ犬臭がスゴイよ。過去編が終わったら、悪役の強さアピールか。島入ってから長いのに、これからなのか。はよ戦えよ。どうせルフィ勝てるから。
 せっかくの「2年後」なんだからさ、麦わらの一味が無双する話がよかったよ。デービーバックファイトくらいの長さで。魚人とか人種差別とか言われても、「2年後」の実力にしか興味持てないです。


『トリコ』
 腕利きのDJがえらくダサい。ていうか、客に「音量上げろ」とか言われてる時点で、腕利きじゃないような・・・・。カネカエセ。っていうか、あのシーンは、マンガで、味と音を表現するというスーパー難易度なシーンなんだけど、出オチにしかなってないような。
 ゼブラに引き続き、サニーにまで誘惑される小松。誘惑されすぎだよ小松。さすがのヒロイン力。
 ヘビの新キャラ、でけぇ。冒頭のフリが利いてますね。ただ、別規格すぎるんで、一緒に助け合いながら戦ったりはできませんね。単なる移動手段じゃないといいのだが。
 んで、パーティーをゼブラからサニーに変えて新章スタート。サニーも小松を寝取ろうと企んでいるようです。キャラ的にも、NTR展開的にもゼブラが魅力的だったんで、サニーで大丈夫なのか、気になりますね。


『ST&RS』
 フィクショナルな展開が始まることなく第一試験突入。「ありそう」「むずそう」「できないこともなさそう」ってバランスがイイです。この試験で、どんな活躍をするのか、それをどんな風に描くのか、楽しみです。


スケットダンス
 フィギュアの塗装にハマるの巻。『こち亀』でありそうな話だな。蘊蓄とか行程がもっと見たかったな。
 ボッスンのゴーグルが映えそうネタだ。来週は使うかな?


バクマン。
 サブタイトルが「最終話とコメント」・・・・・・ってネタバレじゃないですか!!! 新妻勝利で確定ですね。萎える・・・・。
 なんだか最終回みたいな話でしたね。平丸の告白回の時も思ったけど、終わりでいいんじゃね?って感じ。まぁ、亜城木が脇役になっちゃってるのは問題ですが。
 てか、新妻の目次コメントが気になるよ。なんて書いたんだろう。


『magico』
 主人公が動けなくて、ガキンチョが死にものぐるいで戦うって展開、こないだもあったね。ガキンチョは普通に戦闘要員になればいいのに、とか思うんだけどね。じゃなかったら魔法いらない気が。
 目、耳、鼻、が利かなくなってサンドバック状態にさせる能力って『ブリーチ』で昔あったね。少年マンガは大変だ。新しい能力考えないといけないから。
 サディストが相手の痛覚を封じて足串刺しに。イイねぇイイねぇ。清々しいほどにクズだ。サディズムの標的はガキンチョから動けない主人公にシフトしてるんですね。
 左足不随の表現を飛ばしてガキンチョのリベンジ始めちゃうのは気が早すぎですね。もうちょっと立てなくなったガキを見て主人公が苦しむシーンがないと。せっかくエグいことやってるんだから。てか、ガキンチョ、左足使えないのに元気ってどういうことだ。てか、痛覚がなかったら、まともに殴れないような気もするし。そこらへんはスルーの方向か。


銀魂
 「さよなライオンなんて言わせない」というサブタイトルが素晴らしすぎて、本編がどうでもよく思えてしまう。
 超絶感動展開にしておいて、台無しなギャグを最後に持ってくるあたり、たまらんです。


こち亀
 こないだの小銭ネタに続いて、今週は紙幣ネタ。やっぱり楽しい。好きだ。小銭の時のような「うちにもあるんじゃねぇか?」というワクワクはないが。
 両さんが躊躇わずに紙幣をカラーコピーするとこで笑った。久々に両さんが無茶苦茶だ。
 オチもよかった。急展開でイイ話にするも、プリンのフリが利いて笑いにもなってる。


黒子のバスケ
 バスケのお化けはうまいな。膝ポン。
 「もう一度彼の笑顔が見たい」って、見事な腐臭ですな。たまらんたまらん。火神が嫉妬しちゃいますね。ま、まさか・・・・・嫉妬させてさらなる本気を引き出そうという作戦なのか!! あの主人公、悪女やで!
 ふむふむ、こちらも久々に当たりだな。短い過去編もよかったです。本作のこと相当なめてたわ、ごめんちゃい。


いぬまるだしっ
 たまこ先生がスイッチ化。
 包帯グルグルになってもチンコまるだしで、笑った。


『ブリーチ』
 ホラー展開再びですね。好きです。
 そして、変身してバトル展開へ。相変わらず変身姿がダサい・・・・。とはいえ、左腕チョンパはよかったですね。てか、新しい姿は刀は逆手なんだね。気づかなかった。
 そして、チャド、井上が操られて、さぁー大変。しかし「殺す」「殺す」言ってる主人公は怖いですね。物騒です。
 ラストのコマで、斬られた月島の左腕にチャドの右腕が重なっている構図がナイスですね。
 普通におもしろいけど、掲載位置が笑えない。


『戦国ARMORS』
 打ち切りです。4週目なので軽く食傷気味です。本作が打ち切られることで、ケツ周辺が随分とスッキリしますね。逆に、次なる打ち切りはどうなるのか・・・・・っていう新たな打ち切りレースが気になるところです。アニメ化された作品が打ち切りとかあんのかなぁーーっ。
 しかし、秀吉戦はアッサリ終わりましたね。最後の技使えば楽勝なんかい。拍子抜け。死んだんだけど、不思議水で甦ったんだとよー。
 んで、今までの悪役が集まって助けてくれる、という最終回らしい展開。けど、悪役が2人しかいない・・・・・・・泣ける。
 しかし、武田信玄が風呂担いでる姿がサイコーですね。美女が半裸で入ってる風呂を担いでる、ってどういう状況だよ。
 「俺たちの戦いはこれからだっ!」という典型的な終わり方。素晴らしいです。「最終回じゃなくて第1章の終わりですよ」感を出すのとか往生際が悪くて好きです。てか、やっぱり風呂担いだ信玄が好きすぎる。このネタ、って連載が続いたら使うようだったのかな。悪役が味方に、って展開をするつもりだったのかな。そんくらい素晴らしい。


投稿コーナー
 「バカズバッ」。ベーコンさんの「こんどAKB48総選挙があったら、渡辺麻友ちゃんに投票されたし。」という遺書が発見されるというイラストネタ。笑った。まさかのまゆゆ推し(笑)

 てか、最後の挨拶が感動的すぎてグッときた。震災時にはそんなこと考えてもなかったです。普通に続いていたこと自体が奇跡のようなものだったのですね。スタッフとハガキ職人の方々にはひたすら頭が下がります。
 多分、今週のジャンプで一番感動しました


目次コメント

さや侍を観ました!働くおっさん劇場で爆笑してたのを思い出しました!!野見さん
(『トリコ』)

 やはり野見さんを以前から知っているとあの映画の印象は変わるのかもしれないな。ワタクシとしてはちっとも笑えなかったのだが・・・。

短い間でしたが、色々といい経験が出来ました。本当に有難うございました。
(『戦国ARMORS』)

 うわぁー、打ち切り作家のテンプレみたいなコメントだぁー。こういうの嫌いじゃないよ。


 総括です。
 またまた打ち切りです。4週も連続したんで、来週からはないでしょう。次の打ち切りは相当先のことになるでしょうね。その時はなにが打ち切られるのでしょうかね。ワクワクが止まりませんね。
 そして、新連載がまた始まりました。お色気展開が最近のジャンプにはなかったので、バランスが取れるのではないでしょうか。好きか嫌いは置いといて。

 では、MVPキャラでも決めます。次点から、

ホーディ ジョーンズ 『ワンピース』
 150kmがおもしろすぎたということで。伝説の「13kmや」を思い出しますね。この数字は、リアリティーを放棄したと考えてよろしいんですね。誤植だといいけど。

新妻エイジ 『バクマン。
 久しぶりに新妻の尋常じゃなさが爆発回でしたね。巻頭カラーで最終回とかイイですね。見たいです。

 んで、今週のMVPキャラは、

武田信玄 『戦国ARMORS』
 風呂背負った姿が好きすぎました。それと、打ち切り補正。本編自体も打ち切り好きを喜ばすには充分な出来でした。素晴らしい最終回だったと思います。
 まぁ、今週のベスト作品も『戦国ARMORS』でいいと思いますよ。
 ベストコマを決めるなら、『ワンピース』の「150kmや」一択だと思います。爆笑しました。ホント誤植であってほしいです。