北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

マンガ『プチプチたんたんプチたんたん』(29話)の感想

マンガ『プチプチたんたんプチたんたん』(28話)の感想 - 北区の帰宅部

 まさかのプチ回であった。未だかつてこんなにもプチが充実した回があっただろうか、いやない。

 そんな第29話「♂×♂」。撮影というのはハナによるプチの撮影でありました。
 動物番組のおもしろ投稿映像、というのがリアルですね。ありそう。

 冒頭、プチが隠れてるハナを見つけてしまい、ハプニング撮影失敗。それだけプチがハナに懐いているってことですよね。ハナのことナメてるような行動も多いですけど、基本は懐いてる感じがよく出てます。犬飼ったことないですけど、主人のことを目で追う賢い犬はクッソかわいいです。

 ということで、ハプニング待ち。
 その1。マミさんがスカートダウン。完全に『妹は思春期』最終回でありそうな展開である。けど、しっかりパンツはガードされてる(プチからは丸見え)というのがらしいですね。
 ‥‥とか思ってたらその2!! そのものズバリが出てきたじゃねぇかw

 追いかけっこしてたら女湯に突っ込んで「キャー」というのは鉄板の展開すぎて最近は見なくなった気もしますけど、本作らしさとしては「キャー」がない点ですかね。ここらへんの女子寮ならではの無感動ってのがとても らしいです。
 そんな無感動な名無しオールスターですけど、ハナの「撮っていいですか?」でやっと動揺。ここらへんの関係性とかとてもイイっすね。

 今回はプチの様々な表情が見れて大満足なんですが、「TVデビューするかもだからおしゃれしよう!!」のコマにおけるプチが一番かわいいかもしれない。ぶっちゃけいつもと大差はない表情かもしれませんが、それでもハナの言うこと聞いてる風のプチ超かわいいっすよ。
 いつもと違う路線では、シャンプーのことを察知した時の「ピク」がすげぇかわいいです。

 そんなこんなでラッキースケベ体質が露呈したプチ。そんなプチがカオルと絡んだら‥‥ということでオチ。サブタイは「プチ×カオル」という意味でした。まさかのプチ攻め。
 「腐女子歓喜ね」と客観的なことを言ってる風のコンスたんが赤面してるのがおもしろい。よく考えたらハナに獣姦本を渡したのってコンスたんじゃないですか。アウトだw
 「バター犬」なんて言葉がありますけど、プチの場合は焼き鳥(のタレ)ってのがイヤですねぇw やけにオッサン臭いというか。
 しかし、プチのキス顔はかわいいんだけど、どこか凛々しくもあってたまりません。ぶっちゃけ唇奪われたいですわ。焼き鳥食えばいいんですか?

 よく考えたら、プチは以前にハナのケツ(ヒカリのパンツ)をベロベロやってるので、今回のカオルとのキスで間接的な何かが成立してしまいました。


 ということで、終わり。
 次号予告は「ブラでアレコレしちゃうお話♂♂」。ブラがブラジャーだという証拠はどこにもないんだぜ(疑心暗鬼)。
 ともかく、プチの百面相、そしてまさかの下着全開ということで何かイレギュラーな雰囲気があったような気もします。まぁ、プチのキス顔が見れたのでワタクシは満足ですよ。

『プチプチたんたんプチたんたん』(30話)の感想 - 北区の帰宅部