北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ2016年02号の感想その2

 続きでごわす。

週刊少年ジャンプ2016年02号の感想その1 - 北区の帰宅部

  • 『燃えよ!!サイ・ジャックD!!』JF出張版(葛西雄治
    • 定番のジャンプフェスタ説明マンガ。サイジャックとかは知りません。最強ジャンプらしいです。
    • まぁ、内容としてはハイテンションで突っ走りながらコマ外に注意書きが異常なまでに書き込まれる、といういつものアレ。気になったのはやはり全裸ギャグですかね。隠すワケでも、ぼかすワケでもなく、チンコが存在しない、という方法が新鮮でした。それアリなんだ……。
    • あと、『ハイキュー』影山ファンの女性というのが印象的でした。ブログ書いてるだけだと、『ハイキュー』の女性人気ってものを実感することがまったくないんですが、典型的なお客の例として出てきたってことは、そういうことなんでしょう。すげぇなぁ。ワタクシも『ハイキュー』大好きなんですけどねぇ。そうか、オレ女だったのか……。
  • ワールドトリガー
    • 小規模侵攻開始。遠くからモンスターボール投げてワンちゃんを敵陣に放り込む、という作戦がイイですね。そういう技術あるならそりゃ実行するわ、ってくらい強力。前の時もそうだけど、どこでもドア的な技術はイヤですねぇ。やりにくいやりにくい。
    • んで、人型の中に人が紛れてました、という奇策。ああこりゃまたイヤな作戦。連携するトリオン兵というのがあるから出来る作戦ですね。どないすればええんや。
    • ボーダーの黒トリ使いの何とかさん。色がどうたら行ってましたけど、共感覚的なサイドエフェクトなんですかね。某吹奏楽マンガがいなくてよかった。
  • ハイキュー!!
    • 玄人おじさんをたしなめる嶋田マート。やっぱ観客席のドラマにおいては本作が最強すぎますわ。まぁ、積み重ねてきた量が違うから一概に比較できませんけどね。同じことが出来るワケないし。
    • 「勝負サーブをここで決めるのが強いチーム」ってのは割とありがちな話で、感情論、綺麗事的に誰でも思いつくと思うんですけど、そっから「勝負サーブをここで選択できるのが強くなれるチーム」ってのは見事ですね。言い回しちょっと変えてるだけですけど、すごい納得しちゃう。
    • ここに来て絶好調と思わせる活躍を見せるのがウシワカ……じゃなくて影山。やっぱ休んだ差があるのかなぁ。化け物すぎてキモいわw
    • んで、相手監督。日向への小さな巨人評を断固拒絶するのがサイコーですね。自分が諦めた夢を叶えられてたまるか、という感じでしょうか。すげぇわかるw 影山の天才ぶりよりも日向のがムカつきますね。
    • そして悔しがる暇すら捨てて次を考える日向への大王様による「気持ち悪いね」。ここ、コマ割のおかげで相手監督が言ってる、思ってることのように作られてるんですね。当然思ってるんでしょう。かつての自分が重なってるだけに大王様以上にキモがってると思うw
  • 左門くんはサモナー
    • やったぜ、ベヒモス先輩回。
    • いわゆるテレビドキュメンタリー風の語り口。「○○の朝は早い」というのは定番の文言ですな。こんな回『キルコ』にもあったよ。あっちはガチテレビだけど。
    • 普段は無口だけど、ナレーターを通じて雄弁に語るベヒモス先輩。左門くんやてっしーのことをどう思っているのか、というのは考えたこともなかった切り口ですわ。……と思ったらクズのことをどう思ってるのか、というオチ。まさかの上下関係ですわw ベヒモス先輩マジ先輩。頭を下げ続けるクズに対して「もう上げてええんやで」という合図を送る先輩マジ先輩。
    • てか、ナレーターがてっしーに対して加虐心くすぐられててヤバイ。誰だかわかんないナレーターをも落とすか。まぁ、神の声的な存在ですよね。このナレーター。作者であり読者であり担当に近い存在でしょうか。
    • 屋上でキャッキャとフットサルにいそしむベヒモス先輩。ちょっと可愛すぎないか。全身像に近いのも珍しいし、ポーズも可愛らしい。なんだこれ最高か。
    • んで、てっしーとの最終戦争in寝室。今回の話的にはどうでもいいけど、2人がフェンシングするイメージカットでてっしーが掲げているものが理性と節制なのが興味深いですね。前にもこの話したけど、彼女に欲がないワケではない、という。
    • 個人的にコーラってほとんど飲まないからアレなんですけど、ダイエットコークって「ダイエットしなきゃ」という体裁を守りつつ太らせるための飲み物じゃないんですね。一瞬「さすがベヒモス先輩策士だぜ!!」とか勘違いしてしまいましたよ。そうか、ダイエットコークはガチでダイエットなのか。
    • あああと、柱やら作内やらで怒濤のようにチゲ押しされてるのが笑えますね。どんだけだコイツら。
  • ものの歩
    • 突然ブロマンスの嵐が吹き荒れててビビったんですけど、あれっ何週間か読み飛ばしちゃったのかな……とマジで不安になるレベル。急にどうした。ブロマンスの中心にいるのがコミュ障ってなんだこれ。親いないとか言われても……
    • 完全に忘れてましたけど、本作のキーは将棋とシェアハウスだったんでしたっけね。だとすると合宿a.k.a.同棲というのもその延長という感じなのかもしれません。
    • ゲーム野郎はコンテンツ殺し、つまり短期間で食いつぶすので効率が得意。なので主人公への教えに富んでいる、というのはすごい腑に落ちました。納得しかない。けど死ね。
  • 斉木楠雄のΨ難
    • アントマンからのジャイアントマン。来年の『シビルウォー』楽しみですね。アントマンはキャップ側らしいです。……これ感想ちゃうわ。
    • あとはアレだ。『少女復旧リカバリーQ』だ。金未来杯の結果まだかなぁ……(現実を見ない)
    • 「王者の冠羽」はドスマッカォの頭部破壊でしたっけね。たしか。エリアルで乗ってれば簡単です。飛燕スキル欲しくて防具一式揃えましたわ。下位で。今は二つ名ウルクが欲しいです。レベル5までは進めました。すげぇめんどい。……モンハンの感想です。
    • とりあえず、このまま江戸時代にタイムスリップして『磯兵衛』とクロスオーバーしましょう。
  • 『バディストライク』
    • 現エースは超強い。打たせて取る。延長13回まで投げ続けられたのは三振を狙わない省エネだからなんでしょうね。まぁ、無失点で13回まで延長するという事実は、エースが強い、の他に攻撃がショボいという意味もはらんでいると思うのですよ。ピッチャーとキャッチャーがどんなに頑張っても仕方ない問題で、今後立ちはだかるんでしょうね。
    • 最近イメージカット?みたいなのが流行ってると思うんですけど、本作もそれ。なんかシカさん超カッコよくて笑いましたわ。個人的にもシカって大好きなんですが、基本メスのが好きなんですよねなんだけど、今回はオスの魅力にホレました。今後の動物シリーズも楽しみです。とりあえず年明けにサル出てこないかなぁw
  • こち亀
    • リカちゃんマジなつけー。いつ以来だよ。単行本単位で数えても2ケタいくんじゃないかしらってレベル。
    • ネコになっても小汚い両さん。対照的に超美人な黒猫といのがイイですね。なんなんでしょう、姿勢なのか分からないけど、とにかく美人という印象が強いっすわ。
    • 谷中の野良猫はパトロンシステム。マジか。知りませんでした。やっぱちゃんとしてるのね。野良猫にエサあげる人基本的に嫌いなのでスッキリしましたわ。やっぱ谷中スゲェ。
    • ネコになって食べる猫缶。やべぇ、超うまそう……。たまにCMとかで見てあの濡れたタイプのエサおいしそうに見えたことありますけど「ネコになって」というワンクッションが入ったらヤバイですね。憧れるわ。叶いようもない夢が増えてしまった……
    • 写真に金とるネコ。誰が書いたか分からないってのもありますし、「なんかおもしろそう」って心理が働いて流行るのがなんかリアルな気がします。ただ可愛いだけじゃない、ギミックが強いんですかね。100円なら気にする人もいないだろうし。商店街だからサイフのヒモも少し緩んでそうなイメージ。
    • いつのまにかヤクザ化するネコw なんか流れが自然すぎて笑ってしまいましたわ。そうか、こうしてヤクザは自然発生するのか。最初に出てきた美人のネコが近づいてくるってのがまたリアルですね。実力社会な感じもあるし、やっぱ悪役にはネコが似合う。007ですわ。
  • 銀魂
    • 坂本から銀さんへのバトンタッチがうますぎですわ。繋ぎが自然すぎてビビる。やべぇわ、最近の『銀魂』キレッキレすぎる。おもしろ。
    • そしてライトセイバーですよ!! いよいよ『スターウォーズ』最新作が今週末に公開ってタイミングでライトセイバー。まじか、カンペキすぎて引くわ……。『銀魂』にライトセイバーが出るのは初めてじゃないから「あからさますぎて台無しじゃーん」って風にはならないのもイイですね。もっとちゃんとした『スターウォーズ』パロはありましたから。オビワンとかヨーダとかいましたね。
  • ニセコイ
    • ファッション誌での「ケンカの謝り方」特集。この絶妙になさそうな感じが笑うわ。あったとしても小さい特集だわw
    • アウトドア派とインドア派、激しい系と大人しい系の折衷案としてのゲーセン。なんかすげぇ腑に落ちますわ。たしかにそうね。言われてみればそんな感じしますわ。楽と千棘が勝負して引き分けになるってのもゲーセンだと納得しちゃいますわ。他だと納得できないw
    • んで、プリクラで引き。そもそもゲーセンにあまり詳しくないし、ゲーセンデート童貞なんですけど、プリクラってそんな大仰なものなんですかね。わざわざ引きに使うほどのネタなの?って気が少しだけ。あれか、狭い密閉空間で2人きりというのがアレなのか。卑猥よー!!(風紀委員長キャラ)
  • BLEACH
    • マイティ ソーが巨大化。ちょっおまw 今週のジャンプどんだけ巨大化好きなん。マジで江戸時代いって『パシフィックリム』ごっこしてこいよ。
    • しかしアレね。本作で巨大怪獣、巨大ロボっていうと嫌でもワンちゃん隊長思い出すじゃないですか。対決が見たいっすわ。見たすぎるっすわw
  • 『トリコ』
    • いったいなにが起こっているんだい……というワケワカメな食事シーンなんですけど、最終的に親子愛とか悲恋に収束するのがうまいですね。なんとなく感動してしまう。わかった気になれる。こういうのも時には大事ですね。
    • まぁ、この仮面マンの悲恋というのトリコと小松のバッドエンド版という感じなのかな。無限にも思える時間の旅というのは小松と一致するんですけど、こうして考えると今回はトリコが女役やってて意外。とか考えてたら仮面マンの彼女がなんだかトリコに見えて……こない。
  • バトよん!!!!

    • キング発表。完全に外れましたけど、こういう型破りなネタが勝っちゃうようなトコは好きです。全然読めない感じが楽しい。
    • 投票者のコメントに「え、体がなめくじの意味は…???」ってのがあるんですけど、これが批判的な意味じゃないってのがイイですね。結構グッときました。
    • 2位以下としては、2位が投票ネタ、3位は完全に外れ。いやしかし、この2位のネタはホント好きっすわw 結果発表のページで久しぶりに見てまた笑った。
    • 4コマバトル
    • 前置きするほどのことでもないんですけどね、今週の4コマバトル超おもしろかったです。扱わなかった作品にネガティブな感じにならないように基本的に半分くらいの数を扱うように意識してるんですけど、今週はマジ悩みました。
      • No.15「跳び箱」(ウニドン¥120さん)
        • 今週の投票ネタ。とにかくテンションで押し切る。この脳味噌で考える前に笑ってしまう感じ。この強引に笑わされた感じ、好きっすねぇ。おもしろいなぁ。
      • No.2「ひょんな所で再会」(さばねこさん)
        • 既存の定番シチュエーションをアレンジするというネタなんですけど、おもしろいなぁ……。転校生と「あの時の!?」とやってることが全く同じで崩れてないってのがスゴイわぁ。うますぎて感動します。
      • No.3「集英社強盗殺人事件」(いぼイボさん)
        • 出版社で銃乱射って正直笑えないんですよ。世相的にw そんな前半からの脱力しかない後半のギャップで笑ってしまいました。
        • てか、真鍋と戸谷イジリのネタって珍しいですよね。バトよんが始まって結構経ちますけど、そんなに浸透してない感じが笑えますわ。
      • No.4「赤ちゃんの仕事」(セッドあとむさん)
        • めっちゃ聞いたことある文言だけどたまにイラッとすることあるよね、という感じのネタですげぇ分かる(実際にそういう意図があるかは知りません)。母も子も必死になってんだから何達観したこと抜かしてんだよクソババア、的なことたまに思います。心に余裕がない時とか。
      • No.6「空飛ぶ指定配達」(うむがやすしさん)
        • 桃白白のアレ、という共通認識を逆手に取ったネタ。知らなかったら行動だと思うんですけど、何も説明いらないってのがスゴイですねぇ。ジャンプだからねぇ。
        • 桃白白だから時間変更が大変って話だけど、通常の配達でも大変なのは変わらないんだよな……とかリアルのことまで考えてしまいました。
      • No.8「いたじゃん!わんこ」(めぐろ☆こーいちさん)
        • わんこ新作。個人的にはブッチギリの最高傑作ですわ。少年が犬を探してるんだけど近くまで行って絶対に見つからない、という同じ話を守りながら今回は「そう来たか!!」的な感動が大きかったです。笑いとしても一番レベル高い気がしますし。
        • 各地の名所を回る、という『サザエさん』のオープニングみたいな趣が出てきたのもシリーズ展開的にはおもしろいですね。
      • No.10「巨人」(ああああさん)
        • チンコwwww
        • 劇中、誰もチンコに言及してないんですけど、前半2コマぶち抜きのコマ構成的に読者の意識をチンコに集中させる演出はなされてるんですよね。「チンコ出せばいいんだろ」的な思考停止ではなくチンコをおもしろく見せる工夫がしっかり仕掛けられてる、という。バカっぽいネタが実は頭使ってあるってイイよね。
        • てか、結構ガチで心配になるレベルなんですけど、ジャンプ的にこのチンコ描写ってセーフなんですねw ちょっと意外だわ。全然アウトだと思っちゃったよw
      • No.12「タイヤ」(ひるねりすさん)
        • 最近に限らないのかもしれないけど、4コマにギャグを複数詰め込むというネタが多いイメージがあります。もちろん面白いし超好きなんだけど、本作みたいなワンアイディアで勝負というシンプルな作品を見ると「こういうの……イイよね」って思い知らされます。しょうもない感じも含めすげぇ好き。
      • No.13「ルール違反」(サクサクてんかすさん)
        • 後半にギャグを畳みかける系ですね。オナラジェットの時点でも面白いのに「そういうオチに行くのか!」というツイストが楽しいのです。ボケの毛色がガラッと変わる感じが素晴らしいですね。
    • 偉人にチャレンジ(生きるべきか「 」べきかそれが問題だ)
      • セシボンテさんのネタが特にツボ。一番「生きるべきか」と対になってる感じが出てるんですよね。半額シールを待ったら自分の中の何かが死ぬんじゃないか、という。
    • 最強の必殺技
      • ケロケロ村の村長さんのネタがツボ。個人的にはライトな恋愛話もキッツイですw
  • 磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
    • キャラ紹介が『鉄腕アトム』。先週の『エヴァ』よりいいと思います。『シンエヴァ』より先に『シンゴジラ』が公開するなんて考えてもいなかったんだぜ……時代は巨大ロボより巨大怪獣か。
    • 即席で巨大ロボ制作。本職には勝てないんだけど、その差はパイロットシステムでカバー、という理屈がなんかうまい。実際んとこは知らんけど、「これでイーブンや!」という謎の説得力。巨大ロボモノにおけるパイロット問題って常にあって、スルーするのもロマンですけど、こういうワンロジックが入るのもイイよね。
    • 格ゲーコマンドネタって前にもありましたっけね。ハッキリとは覚えてないけど、平賀回だったんでしょうね。大好きか。
  • 次号予告
    • 3週連続の読み切り企画が今週終わったと思ったら来週から2週連続の読み切り企画が始まるらしいです。「頭おかしいだろ」と一瞬思ったんですけど、どうやら来週からの2週はレジェンド級の大物がやってくる、という感じですかね。まぁ、区別したくなるのも分かる。そういや、2015年の正月にも『べるぜバブ』作者の読み切り載りましたし、年末年始という豪華さがありますね。
  • 目次
    • ジャンプ川柳。今週も担当による作品紹介みたいな内容。今週は『ブラッククローバー』。先週が『僕デミア』という似たような逆境の物語であるだけに、アスタの脳筋ぶりが強調される形になってると思います。ワタクシが『ブラッククローバー』のことを好きになった発端はココにありますので、17字での作品紹介としては的を射てるのかな、と思います。
    • とはいえ、作品紹介を50号続けられても、という不安はある。「さすがに続けるうちに変化するでしょ?」と思うじゃないですか。Mokujitterは何も変わらなかったんだぜ……

妻の動物アレルギー持ちが発覚。フェレットを飼ってるから少し心配。まあ大丈夫か <俊>
(『食戟のソーマ』)

    • うまく説明できないんですけど、妻の話をしてる目次コメント好きなんですよね……。

今更ですがベビメタがヤバイ。完全に乗り遅れた。あと親知らず抜いた。痛い。
(『火ノ丸相撲』)

    • 川田先生の目次コメントは毎週一定のグルーヴがあるのでホント好き。目次コメントに作品性を見出すのもアレかもしれませんが、作家性すら感じる。
    • 先々週メタルの話してましたっけね。メタルファン的にもベビメタって人気あるんですね。どっちも詳しくないので何とも言えないんですけど。ちょっと意外。

え!二巻出たばかりなのにもう三巻の準備!?これが週刊連載…!
(『背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜』)

    • 言われてみれば当たり前なんですけど、考えたこともなかったです。地獄ですねw
    • 週刊連載以外の話が暗に出てくるってのはジャンプの目次コメント的にかなり新鮮だったりもします。

月に2回も休んで本当すみません。早く治ってくれおれの首
(『ワールドトリガー』)

    • 「ええんやで」としか言えない。

チゲ食べすぎな僕ですが最近はピルクル飲みすぎと言われます
(『左門くんはサモナー』)

    • ほぼ新人なのにすっかりチゲキャラになってるのがスゴイ。これがセルフプロデュース……!!(担当のイジリもあるけど)

ドラマ『ゲゲゲの女房』を毎回見てました。とても残念です
(『こち亀』)

    • 漫画雑誌なのに訃報に反応するのが1人だけ、というのは少し意外だったりします。まぁ、みんな過剰に反応した大喜利みたいなノリになるのは嫌ですけど。
  • 愛読者アンケート
    • 読み切りについて。ジャンプ+での連載についても聞いてるのが特徴ですね。よく考えたら出張版じゃない+からの使者って珍しいかもしれませんね。
    • もう1つは欲しいクリスマスプレゼント。クリスマスは毎年あまり意識しないんですけど、今年は『スターウォーズ』があることもあり、「あぁ もうクリスマスか……」という感じがヤバイです。『スターウォーズ』公開1週間記念日くらいの感覚。
    • まぁ、クリスマスにはあまり興味はないけどサンタコスは好きです。だからクリスマスも好き。なんでヒゲデブのジジイのコスプレするだけであんなに可愛くなるんだろうか……。メリークリスマス!!(まだだよ)

 総括です。
 珍しく総括っぽい話しますけど、今週はやたら作品の直後におさらい的な記事が多かったですよね。全部まとめたら短い読み切り載せれたんじゃないか、ってレベル。新年度の方針なんでしょうか。まぁ、前からやってる作品もあるけど。割とマガジンが定期的にこういうページ設けてるイメージあるんですけど、大事ですよね。カムバック組も多いでしょうし。
 今週のベスト作品ですが、読み切りでいいです。なんか凄そうな人って感じはありましたけど、確かにおもしろかったです。色眼鏡あるかもしれませんがw
 次点に関しては、今週のジャンプに蔓延した巨大化作品をそれぞれ。『斉木』『BLEACH』、そして巨大ロボで迎え撃った『磯兵衛』。ついでにバトよんもですね。流行りすぎだろw

 最後にベストキャラ決めます。今週はベスト作品とネタが被るので次点ナシ。

  • 鷲匠監督 『ハイキュー!!
    • 「『大きい者が強い』それが自然の摂理だわ」が今週のジャンプを象徴する1コマになりました。『ハイキュー』まったく関係ない所でw
    • 久々に画像貼りたい欲求にかられましたが、まったく意味がないので我慢。

次号の感想

PLUTO (プルートウ) 全8巻完結セット (ビッグコミックス)

PLUTO (プルートウ) 全8巻完結セット (ビッグコミックス)

コカ・コーラ ゼロ 500ml ペットボトル×24本

コカ・コーラ ゼロ 500ml ペットボトル×24本