北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』365話の感想

『生徒会役員共』364話の感想 - 北区の帰宅部

 単行本作業が終わったそうです。13巻楽しみですね。
 やっぱり気になるのが表紙でして。誰がやるんだろうか。12巻の時に「横島&小山先生で間違いない!!」とほとんど確信してたんですが、実際はカエデちゃん&畑さんでした。なので13巻の予想も先生ペアでもいいんですが、タイミング的に「今この2人かなぁ」という気もせんではない。
 他に12巻の時に考えたのはコトミ&トッキーなんですが、12巻でカエデちゃん&畑さんという新キャラになったので再当番はウオミーで終わりなのかな、という気もする。この理屈でいうと、個人的願望でもあるムツミ&中里さん説も怪しくなる。
 あと、ありそうなペアというと、ナオちゃん&ヨシくん? 多分タイミング的にも名前がついたのとちょうどいいと思うんですが、少々マニアックすぎる気もします。それなりなファンだったら知ってると思うし、「名前ついたんかい!!」というのはビッグニュースなんですけどね。表紙ってのは誰の目にも留まる玄関ですからねぇ。どうなんだろう。

 まぁ、いいや。#365。表紙は会長。コートを脱いでる、というのが春一歩手前という季節感ですかね。

 「女は地図を読めない」という説に一石を投じるスズが会長とアリアによる風評被害に苦しむネタで開幕。「スズさんすげー」からの風評被害というネタは一定数あると思うんですけど、発想の転換というか、別の情報が加わるだけでスズへの評価が一変しかねない、というのがホント好きです。
 てか、空間認識能力を鍛えればセックスがうまくなるんだったら会長とアリアが喜びそうなもんなんですけどね。それでもスズへの風評加害に終始する感じが超好き。

 目安箱で箱の中身ゲームがしたい会長。一瞬やんちゃタイムかとも思ったんですが、イタズラとはちょっと違うんですね。てか、手突っ込むのは会長だから、どちらかというとイタズラされる側とも言えますね。まぁ、会長はイベントとかこの手のゲーム好きだからやりたがるのも不思議じゃないのかな。

 ということで、ゲームスタート。まずはスズのターン。「シュシュと脱ぎ捨てたパンツって似てるよね?」というのは当たり前の前提としてオチが用意されてるのが最高。たしかに似てる。丸まったパンツというのは独特のエロさがあると思います。いい。
 イメージとしてシュシュと思われるものが描かれるんですが、あれってパンツという可能性もあるんですよね。多分判断はできないと思う。あれだけ見ても判断できないって、パンツとシュシュに違いはあるのか‥‥とか考え込みたくもなります。なんかもう、シュシュでもいいんじゃないかなw
 てか、スズ、シュシュなんて持ってたのか。あんまするイメージないんですけど、非常用とかそんなんかしら。

 アリアのターン。乳ボールかと思ったら乳オナホ。「○○と思ったら」の時点で相当おかしいw 当たり前のものとして受け止めないといけないのか‥‥。
 てか、乳オナホなんてものが存在するのか、と驚愕してしまいました。乳が2つセットになったパイズリを再現するオナグッズが存在することは知ってたんですが、乳が1つで穴が開いてるって一体‥‥。乳首の部分に突っ込むのかしら。いやしかし‥‥

 タカターン。タカ兄の肉の棒!! タカ兄の肉の棒を会長がまさぐる、なめ回すように触る。タカ兄の肉の棒はおいしいぞ!!(全力で誤解を煽るスタイル)
 そんなオチを見てから1コマを見たら、タカ兄がちょうど箱に肉棒突っ込める位置に立ってて爆笑してしまいました。あれはずるいw スズ、アリア、タカ兄、と徐々に箱との立ち位置が変わってるんですよね。用意周到すぎるわ‥‥

 オシャレ雑誌を読むコトミ。本作のキャラでこういうオシャレ意識が描かれるのって意外と少ない気がします。コトミはロリキャラ(特に精神が)だけど、こういうオシャレ意識は高いっていうのが面白いですよね。学校につけまとかネイルして怒られることもありましたし。
 そんなコトミが見えない所のオシャレ。デコタンポン。トッキーが「別のもの入れてると思われるぞ」ってツッコんでましたけど、アナルパールは入れる場所が違いますよね。詰めのあまいトッキーかわいい。

 鳥は羽を広げて自分を大きく見せる、という情報を実践するスズ。スズらしからぬ安易にも思える行動ですけど、「誰も見てないからとりあえずやってみよう」という気の緩みがあったからこそなんですよね。人の目とか理性とかがあまり働いていないスズの素が言えるようで楽しい。
 前のネタではツッコミ役だったトッキーが当たり前のように注意されてて可愛いです。ほとんど舞台装置みたいな役割ですけど、トッキーならでは。
 また、スズの鳥マネが誰かに見られるワケではない、ってのがイイんですよね。スズが自分で気づいたらもう充分なんですよ。それに対して周囲が引いたり笑ったり、みたいなのは一切ない。


 ということで終わり。今まで幾度となく登場したであろう目安箱があんな活躍を見せるとは、という回でした。会長はいつ頃から意識し始めたんですかねw

『生徒会役員共』366話の感想 - 北区の帰宅部