北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

快楽天BEAST2018年10月号の感想

 Komifloの感想シリーズ第4弾。初月くらいは順調に書き切れそうですねぇ……とか思ってたらまさかの2日連続配信でビビる。BEAST、その翌日に失楽天。なぜ重なるのか。
 あと、個人的な事情をいえば、ジャンプの発売日とは遠ざけてほしいw

 そんな快楽天BEAST。例によって正式タイトルが分からないでござる。あたまに「コミック」付くのか、「COMIC」なのか。そもそも「快楽天BEAST」ではなく単に「BEAST」なのか。分からないぞい。

 そんなビースト(カタカナ表記してるところもあった)。分かりやすく快楽天からの派生雑誌ですね。ただ、どちらも月刊なので今ではもう別冊とかそういう感じではないのでしょう。特に主従という感じもないのかな。
 何がビーストなのか分かりませんが、本号を読んだ印象としては、無印快楽天よりエロ純度が高めな作品が多かったような……?
 まぁ、読切が主の雑誌なので1号だけで考えるのもナンセンスですね。

 コミフロ的には、発売日と配信が同時。おそらく収録内容も同じだと思います。目次もあるし、読者ページもあるよ。嬉しい。めっちゃ大事やで。

 ちなみに、連載はスルーです。いや、読みましたし、めっちゃ面白かったんですけど。面白がり方が正しいのか自信ないので。

「表紙」Anmi

 ビーストの特徴としては、完成品としての表紙とは別に下書き状態?の掲載もある点。作者コメントも担当コメントもある。面白いですね。一瞥して終わらせてしまいがちな表紙に意識を向けさせる良い企画だと思います。
 そんな表紙。ほとんど水着で絵としてはそこがメインなのにしっかりバニーメイドなのが分かるのがすごいですね。バニーで、メイド要素ってよく考えると全然ないんですがw 人は何を持ってメイドと認識しているのか……(哲学)
 ぶっちゃけると、バニーの方はウサミミが上部のタイトルに隠れてるのでちょっと気づきにくかったです。
 あと、モブウサギが可愛い。

『性技のミカタ!』物緒から

 フルカラー短編。出オチ的なタイトル大好きです。
 ただ、実際の内容はタイトルから一捻りあって。大学の性技研究部……ではなく性的技能補助機械研究開発部。要するにメカです。性技を研究するのではなく、性技を補助するメカを開発する。
 話としては、機械の暴走(正常に機能してるんですが)によってあーれー。機械は人間の補助であるので、機械に犯されるとかそういうのではないです。外骨格的に機械がある。ぶっちゃけ、機械がどうなってるのか、分かりにくいです。全容が分かるコマが1つしか、小さく1つしかないので。ただ、少ないページ数で機械とか見たいか??という話なのも分かります。とにかく女性の裸が優先だろ、というのも至極ごもっともです。
 オモシロとしては、機械がほとんどやってくれてるので、男の方に性的興奮とかがあまり描かれない点。割と冷静な印象ありますよね。出るもんは出てるんですが。とにかく機械が介在することで男女間に非対称性が生まれてるのが味噌だと思います。女性が一方的にアレですね。

『恋愛アドバンテージ』雛咲葉

 テニス部。男が憧れてる先輩が恋人風の男と一緒にいるのを見てショックを受けてると仲の良い女子部員に励まされて云々。基本的にエロフィクションで一番好きなのは「一線を越える」までのあれこれです。本作の場合は「友達」から「恋人」になる一線ですね。ベタ!! ベタだけど、それすなわち鉄板です。最高。女の子がフランクに励まそうとすると、男の方がその優しさに気づいて「そういえば……」と気づく、この気持ちの高まりが最高ですね。本当に好きなのはあの子じゃなかったー!という最高の物語が、開始からたったの4ページで完結しますw いや、よく読めば読むほど開始の4ページが良く出来てるんですよ。シチュエーション、2人のキャラクター、2人の関係性、男の失恋、からの励ましというドラマが濃密に詰まってる。その後はずっと行為なんですが、本来なら「衝動的にやったにはねっとりしすぎだろ」とか言いたくもなるんですが、この土台作りがしっかりしてるので今までの蓄積を感じてその暴走にも説得力を感じてしまうというか。
 男の方が暴走してコトが始まるんですが、いざ本番、の前に彼女の方が「ホント強引…」とスカートをたくし上げながら言う場面が素晴らしいですね。レイプにもなりかねない状況なんですが、彼女の乗り気が描かれ、そもそも主として動いてるのはどっちのなのか……と逆転する。

『Desire』kakao

 優等生と生徒指導の先生。優等生は先生に激しく叱られたいと願っていて、という話。夏祭りというおとそ気分、非日常の空間だからこそ一線を越えられた、という感じですね。
 優等生であるべきという期待から優等生が叱られたいという願望を抱くのはまぁ割とよくある話で理解できるんですが、話が進むにつれ、彼女の欲望はそんな陳腐なレベルではない……と徐々に明らかになっていくのが楽しいですね。ほとんどストーカー。入念にリサーチしてあって、もう計画的な犯行です。
 んで、優等生の誘惑によって先生が落ちて一線を越える。この一線、この瞬間は明確でして、優等生が浴衣をはだけて自らの裸体をさらす場面。これね、こういうドラマ的に最も盛り上がる瞬間が、絵的にも最も盛り上がる。これが出来るのは大事ですよ。ドラマと絵の盛り上がりの一致。この瞬間を境に先生の方から能動的に動く、叱るようになる。しっかりしてますね。しっかりしてる作品って面白いですね。

『夏のマモノが目を覚ます』平間ひろかず

 海の家で黒ギャルと。いや、海の場合は黒ギャルって表現するのは不適切か。単に日焼けしてるだけだし。線引きがむずい。
 話としてはシンプルで、バイトしてる男がバイトの先輩の女の子に恋をしている。しかし、彼女には長続きしないイワクがあって……という話。要するに性欲が強すぎ。安易でシンプルを煮詰めたような話のも思えるんですが、しっかりこれが展開していくんですよ。性欲が強いからまず、最初の行為は割とサクッと始まって。男の方に恋心があるからこのままあわよくば……となるんですが、当然女性の性欲が強いので手に負えない。そんな困難に向かって男が頑張る、という話なわけですね。しっかり成長の物語になってる。最初は役得だったのが、徐々に彼女の暴走に気づいて「このままじゃヤバいぞ……」となるとことか面白かったですね。そして、最終的に鍛え上げられた姿になってエンド。ギャグっぽい雰囲気もあるけど、愛のために努力したわけで、偉いぞw

『夏のWARASHI達』柴七世

 アパートに済んでた座敷わらし3人と。めちゃくちゃ特徴的なのが、この座敷わらしの3人、めっちゃ現代的。ファッションもそうだけど、名前がキラキラネームなので笑った。これは面白いですね。地縛霊とかなら最近の亡くなった人、とか理解も出来ますけど、座敷わらしってキラキラネームありなの??と驚きます。
 内容としては、やはり3人それぞれキャラクターが違うので、3人いることの魅力が強いですね。まず、前提として1人とやっちゃってるんだけど、それに触発された残りの2人に襲われるところから話は始まる。その2人の間にも温度差はあって、めっちゃノリノリと奥手の2人。格好も体型も違くて、それがキャラクター及び話の展開に生かされてるのが素晴らしいです。んで、最後に本丸として最初の彼女が途中参加して、という流れ。
 本作の味噌は座敷わらしなので、閉鎖性にあると思うんですよ。可愛い3人と好き放題やれてこの上なく幸せに思えるけど、あの家から一歩外に出たら、その幸せは消失しますからね。外の世界で彼は幸せがあるのか、疑問は残ります。「ウチらとやって脱童貞だってー」のセリフが象徴的ですね。果たして彼は脱童貞と言えるのか。ギャグ的なオチでもあるんですが、おいしいだけではない何かを残すのが見事だったと思います。

『Hotspot!』長頼

 水泳部の合宿で。ちょっと構造としては『恋愛アドバンテージ』と似てるようにも思えるんですよ。部活で、主人公は先輩に憧れてるけど、先輩には男がいて……ですからね。ただ、決定的に違うのは更衣室?倉庫?で両カップルが同時に行為に至る点。偶然その場に居合わせてしまって触発されてやってしまうわけだけど、エロにノリノリな先輩カップルと、なかなか始められない主人公カップル。このコントラストが楽しいですね。このコントラストがドラマなんですが、先輩は最初っから全開ですので、場面は常にエロいです。なにせ2ページ目から始まってる。先輩強いw
 そんな先輩の強さがオチにも関わってくる。バレてないと思ったら実は……。覗くことで主人公カップルはある種の優位性を得たと思ってたんですが、そんなことはなく、先輩は分かった上で続行してた。深淵を覗くとき深淵もまたこちらを覗いている……ですねw 先輩は深淵でして、敵いっこないです。

『ふぉーくろあ』cuvie

 ハロウィンで仮装した昔の知り合いと。ハロウィンか。時事ネタですね。偉いなぁ。
 本作の味噌としては変貌でして。子供の頃によく遊んであげた隣の家の女の子が、大人になって現れた、という変貌と、ハロウィン仮装の二重の変貌。二重にエロすぎでしょ!という興奮ですね。あと、面白いのが、ハロウィンらしく「いたずらしろー」というセリフが出てくるんですが、このコマで初めておっぱいが露出します。コマの大きさ的には小さいんですが、彼女の方が一線を越える瞬間ですね。ハロウィンという非日常な空気に任せて一線を越えてくる。
 コスプレモノの常なんですが、「せっかく着てもコトが始まったら脱ぐんでしょう?」問題。それに対して本作は、「服は脱ぐけどボディペイントが残るよ!!」と回答してくるから面白い。下腹部のハートマーク。エロいですね。ハートマークって子宮をかたどってるんだなぁ、と誤解しそうになります(心臓ですw)。
 んで、最後に告白があるんですが、「昔みたいに」というのがキーワードですね。ハロウィンの浮かれ気分に頼らないのが重要です。

『おとまり』武将武

 終電を逃したサラリーマンが女子高生に捕まる。行くアテのなさそうな女子高生に少し同情しつつも助けるほど立派じゃない、というバランスが面白いですね。しかし、その一瞬の迷いを女の子の方は見逃さなくて……という冒頭。
 あくまでもやむを得ずの1泊ということでラブホへ。男の方はまだ理性が働いてて自分の1泊のついでに助けてあげる、という体裁をキープしてるのが良いですね。それが徐々に、それがいかに崩れていくかのドラマですよ。
 そんなキッカケになるのがラブホらしい仕掛けで、シャワールームがガラス張り。そんなつもりはなかったのにふいに裸を見てしまう。そして、裸を見ていることを彼女に見られてしまう。深淵を覗くとき……ですねw(本日2度目) これを機に一線を越えてしまう。彼女の誘いを断る口実を失ってしまう。このなぁ、徐々に外堀を埋められてく感じが良いですねぇ。
 悪魔に誘惑される話、というのがエロ漫画では多いと思います。本作もそれ。彼女に誘惑され、ついに落ちてしまうんだけど、完全に落ちてエロに溺れたその瞬間、彼女が中出し拒否。完全にペースを握られてる。完全に支配されちゃってる。それへの腹いせで逆襲が始まるわけで、これまた一線を越える瞬間。主人公がついに受け身ではなくなる。落ちてしまいましたね。

『召し上げれ愛妻弁当白鷺六羽

 生徒に恋されてしまった生物教師が。タイトルの通り愛妻弁当でアプローチされるんですが、面白いのは、本作、最初から主人公が落ちてる。落ちてるけど、理性でそれをごまかしてたんですね。あとは偶然の事故で理性を削ぎ落としてしまえば終わりです。女の子からの一方通行かと思いきや、そんなことはなく両思いでした。彼女がノリノリで迫る話になりそうだけど、実際はそんなことはなく、彼女は彼女で無理してるし、先生の方からもリードしようと頑張ってる。なんだこれ、幸せかよw こういうのって大体、優劣が決まってて、それが逆転したいして話が展開していくことが多いと思うんですが、本作はそんなことはない。常にイチャイチャして、照れや世間体で引け目を感じた方がそのときだけ受けに回ってるだけです。そういうのもあるのか……奥が深い……

『ナイショのえっちけんがく』rca

 セフレ持ちの年上のお姉さんに翻弄され続ける。これまた典型的な悪魔に誘惑される話なんですが、この悪魔性がズバ抜けてるので驚いた。間違いなく本号では最強。こういうのって大体主人公が悪魔によって抑圧から解放させられて成長とか、悪魔である女の子を上回って成長、みたいな物語になると思うんですが、本作はそんなことはない。すごい。マジビビった。最後まで一切女の子の優位性が揺るがない。勝ち筋が一瞬たりとも見えないまま終わる。そもそもやれない。彼女には手を触れられただけです。それだけで性的に完全に落とされる。
 そもそも彼女、年上の女の子ではあるんだけど、見た目が全然大人っぽくないんですよ。ロリ感あるし、ガキっぽい。彼女が連れてるセフレの男の方が大人っぽいです。このイビツさですね。見た目を超越した何かを持ってる底知れなさ。やっぱ悪魔的ですよね。人ならざる者感というか。手に負える気がしないw
 さっきも言ったけど、「覗く」という行為には優位性を担保する側面もあると思います。なんですが、本作ではこの「覗く」という行為が覗きとして全然成立してなくて、即バレるし、覗いてる本人もバレてることを自覚する。覗くことで精神的な安全が確保されると思ったら、逆にあの場に監禁されるんですね。意地悪だなぁ。しかも、彼女とは別に恋人でもないから寝取られというマゾヒスティックな被害者意識を持つことすら許されない。意地悪だなぁ。
 いつもはボーッとしてる彼女の本当の顔を見ることになるんですが、あれが大人の世界であり、今までの自分がどれだけ無知であったかを思い知らされるわけじゃないですか。もう怖いよね。主人公への負荷が大きすぎて彼が壊れちゃわないか心配になってくるレベル。
 本作の「一線」は、やはり行為中の彼女と手を繋ぐ場面でしょう。本作における彼女との肉体的な繋がりコレだけかよ!!という話なんですがw とにかく手を繋ぐことによって間接的にセックスという行為を彼に経験させるわけですね。やっぱ悪魔。性の世界を教え込む。ただ、間接的というのが味噌で、実際に経験するわけではないんですよね。セックスがどのようなものか、手を通じて感じるわけですが、それによって彼の童貞が失われるわけでもない。疑似体験に過ぎないわけで。精神だけが落とされるんですよ。うへぇ、悪魔w
 んで、最後に誘われて終わる……かと思ったら違うんかいw そっから静かに日常に戻ってく感じがまた怖いんですよね。エロとは無縁のコミュニケーションを彼女は取ろうとするんですが、主人公があの場で別れずゲームをやろうと思ってしまったのは間違いなくエロに魅了されて後ろ髪引かれてるからに違いなくて。このまま昨日までと同じ日常に戻れるの??というハラハラがすごい。正直、ワタシの性癖的に許容できない話ではあるんだけど、作品としての魅力、というか強度がすごすぎて圧倒されましたね。すげぇ面白かったけど、読むと疲れるなぁw

『Hこんとろーる』ペテン師

 彼氏の早漏対策で催眠。催眠アプリとかいう都合の良すぎる存在。まぁ、催眠オナニーがあるんだからアプリがあってもおかしくない……(オカシイデス)
 催眠ってどうしても強烈なSM関係というか、陵辱関係になりがちだと思うんですが、本作の出発点は早漏ですので、あながち一方的なものでもないってのが面白いバランスですね。もちろん彼の早漏を何とかしたくてウズウズしてるのは彼女の方なので、彼女主体にはなるんですが、彼の方が被害者とも言えないような独特のバランス。これめっちゃ面白いですね。あくまでも治療行為としての催眠……という言い訳。
 とはいえ、やっぱ主となるのはついに念願の行為を得ることが出来た彼女の嬉しそうな部分にあるわけでして。彼女の嬉しそうな感じが常に全面に出てるから、催眠で支配されても悪い気がしないというか、彼女が喜んでるならまぁいいか、みたいな。最初は長く出来て嬉しいだけだったんだけど、回数の設定がバカだったので、次第に彼女にも手に負えないことになっていって、というグラデーションも楽しいです。ここらへんの展開も面白いですね。ゴールに近づいていくことで、ようやく彼氏の方にも自由意志が戻ってくるというか。

『いつもと違ういつものキミと』もくふう

 コンビニの店員と。コンビニ店員にお釣り渡されるとき、手を握られたらワンチャンあるんじゃね??というのを最後まで突き通した作品。これ、良くないですよ。誤解を招く。ワタシはおばちゃん店員に手にめっちゃ握られたことありますけど、そういうんじゃねぇよw
 罰ゲームでエロ本を買うことで一線を越える……というか地獄の釜の蓋をあけてしまう。店員の彼女はたしかに主人公に好意を抱いていたけど、その度合いがちょっとどうかしてますねw エロ的においしい話ではあるけど、突き抜けすぎです。もちろん彼女のことを嫌いになるような悪事ではないんだけど、「彼女のこと何も分かってなかったー!」という驚きであり戸惑いもありますよね。もちろん本作は違うんだけど、ホラーにもなり得る危うさをほんのり感じるというか。

『となりのトロトロ』桜去ほとり

 タイトルで遊ぶなw
 流体力学の研究室で先輩と。流体力学とエロをどう結びつけるのかと思ったら、ザー。ザーでした。ザーかよ。研究熱心でエロの知識がない彼女とあれこれかと思ったら、ザーへの執着がめっちゃ強い話でした。フェチの話だこれw 先ほどと同じで「彼女のこと全然分かってなかったー!」という地獄の釜の蓋感ですね。気づけば取り返しの付かないとこにまで足を踏み入れてしまってた感。
 とにかくザーで、彼女はザーのことしか言わない。エロとか愛とか一切ない。ギャグ調ではあるけど、ちょっと狂気ですよ。重度のフェチと考えればいい話ではるんだけど、あそこまでやってザーにしか興味がないのがすごいw
 とにかく本作で楽しいのは最初から最後まで常に出てくる流体力学ネタでして。要するにエロダジャレみたいなもんですね。これが楽しいんですが、最後に「流されていたのは僕の方だったのか…」とキレイに落としてくるので爽快です。ちょっとうまいこと決まりすぎてて、それが言いたかっただけかい!!という気持ちもしてきますが。見事やられましたな。

『原田君の素敵なおちんちん様』紅村かる
 憧れの女の子に告白されたと思ったら……(以下タイトルが説明)。
 ちょっと掲載順の意図を感じますね。明確に女性側の強烈なフェチが描かれる作品が連続してる。前の作品ではフェチの対象(ザー)をなぜ好きになったのか(流体力学)という部分がメインだったのですが、本作の方は彼女のフェチが強烈すぎてフェチの対象と自分は別物なのではないか、という疑念が出てくるから面白い。これは言われてみれば、ですね。今回は「あなたのおちんちんが好きなの」だから性的行為と不可分でおいしい思いは出来ますけど、これが「あなたのお金が好きなの」だったら一気に印象は変わりますよね。それでも彼女を愛せるか、という問いかけ。
 本作における一線を越える瞬間は、彼の方がフェチを発露する瞬間。彼女は彼のちんちんが好き、一方で彼は彼女のおっぱいが好きでした、という転換。これ面白いですね。互いのフェチ的に理想の相手だったという話。もちろん彼女の方がフェチの度合いはどうかしてるんですけどね。多少のフェチは誰にでもあって、個人差に過ぎない、という話ですよ。きっとw
 んで、彼は彼女のが好きなので、彼女に好かれるんだったらちんこを捧げる決意をしてエンド。最後のコマの構図が見事ですね。そのまんますぎる絵がバシッとはまってて笑いました。前のザーフェチの作品のオチは言葉によるうまいことだったけど、本作は絵。

『先輩ちゃん後輩くん』亀吉いちこ

 振られた先輩を励ましてたら思わぬ方向に。今度はおっぱいフェチな作品きた。掲載順マジック。いや、厳密にいうと、劇中の人物が特別おっぱいフェチというわけではないので少し違いますけどね。作品自体がおっぱいをフェティッシュに描き続ける内容になってる。行為のキッカケもおっぱい、そして物語の最後にもおっぱい。おっぱいによって2人は結ばれた形になりますねw
 エロ的な内容の特徴としては、やはり最初のおっぱいだけ責める1時間が面白いです。2人の体位も変えずにひたすらおっぱい。それによって2人が一線を越えるんですね。おっぱいの感度実験が目的の彼女と、少なからずのおっぱいフェチの彼という関係性ですので、おっぱい責めという行為が一方的な行為ではなく双方向的なエロになってるんですよね。だから2人の気持ちは同じ速度で高まっていき、2人同時に臨海点を迎える。単調な行為を1時間ダラダラ続けるんですが、それが2人にとっては最善だったわけですね。

『バイトらぶる』冬風つばさ

 バイトのトラブルってことなんでしょうけど、ラブるという意味もあるのかな。ダジャレはダジャレなんですが、二重にうまいです。
 好きな子に告白する前に撃沈した主人公が黒ギャルに励まされる。優しい黒ギャルいいぞ(好きです)。最初はからかってくるんですが、主人公が撃沈するとやりすぎちゃったかなと反省し出すところとか大変良いです。優しさを感じるのですが、その優しさの表現がすぐエロに直結するのがギャルらしいというか。
 面白いのは一発出した後、彼女の方が挿入待ちするんですね。待機。ここが主人公にとっての一線を越える瞬間で、あくまでも彼の意志でやらせてあげよう、という場面。やっぱ優しいですね。最後の一線は彼主体になるよう任せる。

裏BEAST48

 四十八手の紹介。碁盤責め。これはAVとかエロ漫画でよく見るやつですね。当人の視点からしてもそうだけど、第三者視点で映したときにめっちゃ絵になるやつだと思います。
 あと、どうでもいいけど、バイブの先端に修正入ってるんですが、これコミフロ限定? 意味わからなすぎるんですが。

読者コーナー

 コラムもあります。
 ネタ投稿とかではなく、あくまでも感想。もしくはイラスト。知らない人の感想読むの好きなので非常に嬉しいです。特に表紙の感想ですね。ワタシは絵だけの感想が非常に苦手なので「よくこんなに語れるなぁ」と感心するやら羨ましいやらです。
 あと、フルカラー短編の女の子への一問一答形式のキャラ紹介があるのも良いですね。作者が答えるのではなく、あくまでも彼女の言葉で答えてる、というのを保ってるのが面白いです。短編なのでどうしても物語の背景の部分は弱くなってしまうので、その補強にもなりますね。


 終わったー。なんか記事を書く度に長くなってきてしまっている。いや、マジで面白いんですよ。嬉しい悲鳴。
 お気に入り作品としては、どうしても『ナイショのえっちけんがく』の衝撃が強いですね。個人的な性癖的にはアウトなんですが、作品としてあまりに強い。
 あとは『恋愛アドバンテージ』『おとまり』『Hコントロール』『原田君の素敵なおちんちん様』あたりが好きですかねぇ。

gohomeclub.hatenablog.com