北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『検察側の罪人』の感想

 いえーい、久しぶりに映画の感想。「これは書かずにはいられなかった!!」というわけではないです。フツーに好きな映画。好きすぎると逆にブログ書くの億劫になるタイプです。あれもこれも、になりやすい。

 観る前、初めて知ったのは映画館での予告かな。「キムタクと二宮共演!!」みたいな押し出しされてて「じゃあワタシは関係ないです」とか思ってました。狂気の犯罪者の狂気っぷりがなんかデフォルメされてるようで嫌な感じもあった。……この点に関しては観た後も同じ印象なんですが、そもそもアイツそんな大事じゃなかったのでトータルでは問題ないです。まさかアイツが終盤空気になるとはなぁw
 しばらくして、予告が新しくなりました。公開直前の予告かな。これが一気に面白そうで、「ちょっと観てもいいんんじゃない……?」とか上から目線。ツイッターとかでも良い評判聞くので行くしかないな、と。

 行ったら、良かったです。どうでもよかったキムタクと二宮の件に関しては、キムタクがすげぇ良かった。おいおいキムタクの今後が楽しみじゃねぇか……とかマジで思ってしまった。けど、この時に予告でやってた『マスカレードホテル』のキムタクはあんま興味引かれませんでした。なんでや。
 二宮和也に関しては、そんなに。熱演なのは分かるけど、大声で見せ場にする場面が多すぎてちょっと引いた。
 逆に、キムタクは静かな場面での、静かなキムタクが予想外で良かったです。特に、かっこよくないキムタク。最初から「憧れの先輩検事!!」という感じで出てきたけど、徐々に小物っぷりが明らかになってきて、そのにじみ出る小物感、悪に染まることへの抵抗感がすんごい良かった。友人の自殺を電話で聞かされた際のオロオロぶりとか最高でしたね。分かりやすく光と影がキムタクの顔に浮き上がってるのも面白かったです。分裂、分断感。
 あと、やっぱ初めての殺人の場面も良かった。何とか頑張って一発目を撃ったのに相手がなかなか死ななくて「当たっただろ……?」とつぶやくのがマジ最高。人殺したことないですけど、分かるわー!!ってなりました。殺したことないですよ。
 あの場面、キムタクが文字通り「一線を越える」場面なんですけど、立ち入り禁止のロープがかかってて、その向こうで殺すってのが面白かったですね。映像のダジャレ。キムタクが立ち入っちゃいけない一線を越える。

 期待も不安も半々くらいの気持ちで観始めたので、しばらくは「えっなにこの映画……」と不思議な気持ちでした。セリフ量が多く、そのセリフ回しがヘンテコなんですよね。無駄に回りくどかったり、演説臭いというか。
 それでいて、編集のテンポ、カット割りがものすごくヘンテコ。観ながら何度も「そこで切る?」と驚いてました。その度に現実に戻るので良くなかった。まぁ、独自の味が出てるのは間違いないのでプラスの意味もなくはないのでしょう。

 あと、良かったのは終盤になるにつれてめちゃくちゃ分かりやすく盛り上がるのが良いです。物語の理解度は人それぞれだと思いますが、どんな人でも「いよいよ盛り上がってきましたー!!」とアガるのは間違いないというか、盛り上がってるのは分かると思います。
 複雑な話をしているようで、意外と分かりやすい、シンプルに楽しい作品だったと思います。場面もいろいろ動くし、車、バイクの移動も多く、何より殺しますね。正体がバレて、みたいな部分も分かりやすいです。


 ということで終わり。文字数1.5kくらい。このくらいだったら週一で書けるかもしれない……書けるといいなぁw
 あーあと、キムタク検事ということで『HERO』との比較も楽しかったですね。意外と『HERO』組の役者が多い。ただ、キムタクと対立したり、キムタクを悪に引きずり込むような役なので「因果なもんですなぁ」とニヤニヤしてました。

検察側の罪人 上 (文春文庫)

検察側の罪人 上 (文春文庫)

検察側の罪人 下 (文春文庫)

検察側の罪人 下 (文春文庫)