北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『ポーラー 狙われた暗殺者』観たぞい

 ネトフリのオリジナルでなんか配信されたじゃないですか。どうやら殺し屋っぽい、どうやら(もクソもなく)マッツがかっこいい、ということで観ました。そこまでマッツのこと追えてるわけでもないんですが。

 んで、観てみたら。思ってたより頭が悪い……。予告もチェックせずに観たのもあって「あーそっち系?」という驚き。露悪的、とりあえずエロを入れる、殺し方に気を配るタイプの作品。思ってたよりその純度が高いのでホント驚いた。
 とにかく低偏差値路線を突き進んでて面白いんですが、最後に急にイイハナシダッタナー的な雰囲気出すのでこれまた驚く。ちょっとこれはマイナスだったかもしれない。中盤から、バカ丸出しな殺し屋映像の直後にオジサンと少女(でもないか)の穏やかな交流を見せてるのであまりの温度差に笑いつつも魅力的に感じてたんですが、最後はちょっと都合良くまとまりすぎてたというか。衝撃のオチ、みたいなのは面白かったんですが。

 まぁ、他は面白かったです。マッツが見せ場だと高確率で裸というのが良かった。『シューテムアップ』の駅弁しながら人殺す場面とか少し思い出して、オモシロ路線としてはそっちのが上だと思うんですが、本作は裸のまま雪の中へ。めっちゃ絵になるから「かっけぇ……」と感嘆すると同時に「ウソやろ……」とドン引きですw すごい良かった。
 あと、裸で拷問受けるのもありましたね。『007 カジノロワイヤル』では拷問してたマッツが拷問される側になるとは……みたいな変な感慨。せっかくならタマタマを責めてほしかった気もします。まぁ、ボンドと同じで元気なままだと思いますが。
 んで、裸で抜け出して人殺し。食事とかよく分かりませんけど、元気すぎぃぃぃぃ!! とか思いつつ、裸のまま人殺すので良かった。
 その後は服着ちゃうんだけど、ロングコートに眼帯がクソかっこいいので100点です(中学生)。倉庫で変な手袋はめてズバババ!!って超かっこいい(小学生)。あのレーザービーム出る感じとかも最高です。くすぐられるもんがある。あそこ一番かっこよかったけど、よく考えるとあれ殺し屋の腕とか一切関係なかったですねw マッツの友人のお姉ちゃんがスゲェって話。とにかくマッツのドヤリングが強い。

 ギャグ的には最後の屋敷にマッツが攻め込もうとしたら敵の手下が恐れをなして逃げ出す場面が好きです。マッツとすれ違うときに「上にいます」と余計なことを言うので爆笑しました。アイツは俺だなぁ。

 終わり。予想の数倍バカという意味で「思ってたんと違う」な映画でした。突き抜けてて楽しかったです。

 犬殺すのはやっぱ意識してるんですかね。

スモーキン・エース [DVD]

スモーキン・エース [DVD]

 オモシロ殺し屋大集合という意味で思い出しました。内容はよく覚えてない。

シューテム・アップ [Blu-ray]

シューテム・アップ [Blu-ray]

 バカまっしぐら路線としては強敵。駅弁銃撃戦もすごいし、人参かじって視力回復したりする。クライヴオーウェン、ポールジアマッティ、モニカベルッチという謎すぎる豪華キャストも最高。

 マッツがボンドのタマタマを執拗に責める。