北区の帰宅部の意訳

映画の感想を書きます(希望)

ブログを始めて11年

 11/29は当ブログを始めた日ということで、毎年その1年を振り返るような記事を書いております。時期的にちょっと気の早い年末企画みたいな感じですね。
 ちなみに、ブログを始めたのは2010年なので「今年で何年だっけ?」となったときに計算が楽です。

10年記事の多幸感

 当記事を書くにあたり、去年のやつを読み返したんですが、なかなか喜んでいるようであった。それなりに達成感、自信を得てるご様子。精神安定剤として役立つのは良いことだけど、耳を澄ませば老害の足音が聴こえるよ。怖いですね。おとなしくいていたいものである。
 常にパワハラになる可能性がある、そういう爆弾を抱えてる……というほど今のブログが成功してるとは思えない……という被害者意識を勝手にこじらせ出すのが一番まずい。意識してないところで特権を得てると考えるくらいがちょうどいいのではないか。そういう勘違いならちょうどいいのだと思う。

生徒会役員共』終了

 間違いなく当ブログの歴史の中で最大の別れであり、最大の出来事と言っても問題ないかもしれない。はぁぁ、つら。
 ブログ運営的には週に一度の更新がなくなったので楽になったという側面もあるんですが、嬉しくないんだよなぁ。つら。
gohomeclub.hatenablog.com
 ちなみに、最終回が掲載される当日、最終回の告知がされた際に書いた記事のアクセスがめちゃくちゃ伸びました。ぶっちゃけ『生徒会』記事ってほとんどアクセスがなかったんですが、驚きほどに伸びた。調べてはないけど、たぶん今年で一番アクセスあった日なんじゃないかしら。『生徒会』のサイレントファンが結構いた、と実感できたという意味では嬉しかったけど、嬉しいわけがないんだよなぁ。
 ちなみに、当日の夜(24時は跨いだかも)くらいに更新した最終回の感想の方は、特に伸びない。あれだけのアクセスは1日で終わってしまった。週刊連載の鮮度とは恐ろしい……。

 そりゃいつまでも続くとは思ってませんでした。単行本が30話収録なので、有識者の中では30の倍数の話数で終了すると予想されてました(実際に正解だったからすごい)。なので、30の倍数で終わらなかったら、「まだ最低でも30話は続く」と安心することもできたんですよね。まぁ、実際の完結はそんなことを考える間もなく完結の予告がされたんですけど。
 終わる可能性は多少意識はしてたけど、それでも実感はなく、ジャンプ記事をやめても『生徒会』記事は書き続けると考えてました。それがねぇ、まだジャンプ記事続けてる……。
 去年はジャンプで『ゆらぎ荘』が終わり、『ハイキュー』も終わったので個人的に節目感も強かったんですが、今年はそれどころじゃない作品が終わってしまった。はぁぁ……。

ジャンプ記事

 ということで、こっちは1年書き続けたし、まだ続く。てか、この記事を更新するべき日が月曜なので、ジャンプで忙しいという始末。事前に記事を書いておいて……なんて準備をするほど大事な記事ではないのに。
 今年のジャンプ、ジャンプ感想的に大きなトピックとしては、ジャンプショートフロンティア。まさかの読切枠が新設。たとえ短くても1本で完結した作品の感想は連載作品よりも長くなるし、読むカロリーも感想書くカロリーも高い。正直なかなかしんどい。しかも巻末の方に掲載されるから、「もうすぐ終わる……」という心理状態でのヘビーな奴。『ゆらぎ荘』が連載中だったらどうなってたのだろうか。
 てか、毎年、年末にその年の読切ベスト決めたりしてるんだけど、今年マジで大変なことになりますね。単純に数が例年の倍以上。

映画記事

 これは結構書いた。観た作品全部とは言わないが、書いた記事が実に12本。去年が5本だったことを考えると大健闘と言えるのではないか。それも面白かった奴の感想をしっかり書いてるのも我ながらポイントが高い。面白かった映画の感想はポイントが多すぎてしっちゃかめっちゃかになりがちで、まとめるのに別のエネルギーが必要だから敬遠しがち……でした。


 終わり。今後どうなるか分かりませんが、とりあえず今日、とりあえず明日は確実にブログ続けると思います。

gohomeclub.hatenablog.com

 個人的には「飲みニケーション」が断トツで好きです。てか、今週『12』が出るのでみんな聴こう。