北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』464話の感想


 花粉による被害もピークを超えた‥‥のかたまたま数日調子がいいだけなのか。

#464

 ※マガジンと単行本掲載の話数では1つズレが生じています。当ブログではマガジンに掲載されてる話数に準拠しますが、本来正しいのは単行本の話数です。上記の話数に+1したのが単行本版の話数になります(この段落テンプレ)。

 扉はウオミー。英稜回ってこともありますが、花見でお出かけということで劇中の衣装がしっかり見れるのはありがたいですね。4コマはどうしてもコマが小さくなってしまう(当たり前)。

 1本目。花見の場所と、今回集まった人物の集合図だけで2コマ使ってるんですが、このゆっくりとした導入、良いですね。大ネタ感というか、花見に来た感慨みたいなものがある。
 オチはアリア。桜の花びらを使って一発。注目すべきは3コマ目でしょうか。オチで驚いたあと、もう一度3コマ目に戻ると「見せやすそうな服装してる!!」という衝撃があります。どうやって見せたのか、みたいなことを想像したすととてもエロい。見えないトコで何やってんすか的なオチだったけど、思わぬ角度で映像を喚起させられるというか。

 出島さん登場。花見だから引率いらないんですが、いろいろ仕事があるのでいると助かる。
 ということで、場所取り。事前に行ってたから1本目の集合ショットにはいなかったんですね。1本目の1コマ目で賑わってるのが描かれてたけど、逆に言うとだからこそ場所取りが必要。
 んで、場所取りでオチ。この誰がボケた、ツッコんだ、という形式からちょっと離れてる感じ、新鮮で良いですね。ボケに相当する行動をしたのは会長とスズだけど、それを指摘したのは出島さんで、2人があのような行動を取ったのはそもそもウオミーがいるからという土台も関係してくる。ウオミーが出てくると対抗心みたいなネタが出てきがちですけど、それに文字通り先手を打った形。
 てか、会長とスズが真顔なので笑う。目的の場所を取れた、という本来の目的よりもウオミーに負けない、という方が大きくなってるのかな。だからウオミーが来るまでは喜べない。

 そんな場所取りの話が続く。まさかの連結パターン。せっかくの花見なのにそこそんなに大事??と言いたくなるが、当人にとっては大事なんでしょうねw
 そっからのウオミーの逆襲がまた見事。ウオミーは相変わらず強キャラである。同じ話、同じ題材なんだけど、文字通り角度を変えることで局面を打開する。「その手があったか!!」みたいな気持ちよさすらありました。

 ご飯。前のネタのオチで「でもそんなスペースある??」と少しだけ疑問に思いましたが、ここの2コマ目で俯瞰ショットがあるのでありがたい。ちょうどいいスペースが違和感なくありましたねw
 オチはタカくん。天然と言うほどではないけど、タイミングが悪いというか、ちょっと間の抜けた感じですかね。本人は気づいてないけど、静かに孤立してる感じがウケる。タカくんの笑顔がまぶしいw
 てか、この話、木の下でご飯食べたらそら虫にも遭遇するよね、というあるあるみたいな側面もあるんですかね。花見の危険性‥‥というのは大げさだけど、ちょっとだけ困ったこともあるよ、くらいの軽いバランスで。

 森さんはおいしそう。森さんをあの角度から撮った場合うなじにも注目してしまうと思うんですが、今回は花見なのでお団子の方で。
 タカくんのうかつな行動が会長の誤解を呼び、オチ。ちょっと今回のタカくんは隙がありすぎたというか、前のネタから連続してるのでタカくんのピュア度がすごい。少年感みたいなものが割り増しな気がする。
 知らず知らずのうちに会長から危機感を持たれる、というのは森さんらしいネタですよね。このネタのすごい所は、森さん何にもやってない点ですよ。てか、今回の1話、森さんセリフがないんですが、それでも1ネタ作れてしまうからすごい。いるだけで仕事してる。

 花見あるあるとしての、トイレ大渋滞。これから花見する人が「トイレ気をつけなくちゃ」となりますね。花見らしさでもあり、お役立ち情報でもある。親切。
 オチは出島さん。今回出島さん大活躍でしたけど、本人が積極的にボケをかます、というのはこのネタだけですね。内容は定番、鉄板の前職ネタ。セリフをコマからはみださせてベラベラ感を演出しておいてからの、ツッコミが良いと思います。ツッコむのそこかよ、みたいな着眼点も良いし、冷静で丁寧な口調も面白いんだよなぁ。出島さんの異常性に慣れちゃってる。

 ラスト。ここでもオチの題材になるのはタカくん。出島さんも大活躍だったけど、今回はタカくん祭りだったのではないでしょうか。ツッコミではない仕事がめちゃくちゃ多い。オチを誘発するタカくん。春の気候のせいか、今回のタカくん、ちょっと隙が多いですね。気をつければボケを防げたんじゃないかな、みたいなことが多い気がするw
 そんなタカくんに対して、出島さんが指摘。若干ウキウキしてるというか、楽しんでる感ありますね。この距離感、この件に関しては部外者という立場ってのは出島さんにしか出来ない仕事ですね。これが会長とかウオミーだったら、またちょっとニュアンスが違ってくる。


 ということで、終わり。タカくん出ずっぱり、それもツッコミ以外の役割で、ってのが特徴的でしたね。ツッコミが全然なかったけど、最後に強めのツッコミをかましてエンド、というのも気持ちよかったと思います。
 青葉さん広瀬さんが来なかったのはやっぱ出番を作るのがページの都合で大変、という大人の事情っぽかったですね。森さんすら出番が危うい、という感じだったと思います。1本メインでしたけど、セリフがないという不思議な事態でした。
 今週のお気に入りは、場所取りの後編かな。ウオミーには敵わない、みたいな話はいつもの感じなんですが、その前段がトリッキーでしたし、それに対するウオミーの打開策が膝を打つようなアイディアでした。ついでに、2コマ目、勝利をかみしめる会長とスズの表情が可愛い。やっぱウオミーに勝つことが目的化しちゃってますねw

gohomeclub.hatenablog.com