北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』16巻の感想

gohomeclub.hatenablog.com
 今更かよ、と言わざるを得ないタイミングでの16巻記事。まぁ、今ブログがいろいろ大変なんです。余裕がなかなかない。

表紙

 通常版が小山先生、限定版が横島先生。関係性を重視するコンビだったらやっぱこの2人は強いよね。あと、カラー小山先生がなかなか貴重。まだアニメの方も出番少ないですからねぇ。
 数字ポーズに関してはかなり変則的で、4コマに出てくるクイズの回答に使う手札。なので、限定版の横島表紙だけ見ると何のこっちゃ分からない。開封するまでの間、混乱すること必至。‥‥まぁ、限定版買うような人は通常版の表紙もチェック済みか。

 ぶっちゃけ、16巻の帯でテレビアニメ3期の発表あったりしてー??とか思ってたんですよ。まぁ、そんなことはなかった。
 ただ、アニメ自体は続きます。前巻のOADで一区切りついた感ありましたけど、まだ続きます。17巻、18巻でのOAD付きが決定。これはめでたい。OAD単独での発売はなさそうですね。
 んで、そんな17、18巻の発売時期。17巻は2019年4月、18巻は2019年8月。めちゃくちゃ先ですね。まさかの1年スパン。作者が目次コメントでたまらず言及してたのが印象的です。
 まぁ、これは、劇場版、そして15巻のOADで『生徒会』のアニメシリーズ、マジで一区切りついてたんでしょうね。大人たちのプラン的に。劇場版の集客とかも踏まえる必要があったんでしょうが、そのため新たにアニメ制作開始を決定するのに時間がかかった。多分こんな感じではないか。予想。
 ちょっと都合のいい予想というか、期待になると、17巻の前くらいにテレビアニメ3期やったりして。まぁ、妄想です。

折り返し

 作者コメントが相変わらず脱力である。小山先生に言及してたり、「担当してもらいました」という不思議な距離感を見せてるのも面白いけど、自画像での謎の動きがすげぇ気になるw なんなんだアレ。ダンス?
 後ろの方の折り返しはムラサメくんです。おめめが緑だ。きゃわわ。

巻末おまけ

 1ページまるまる使った、変則4コマ。コマ割が特殊だけど、コマの数はきっかり4です。内容が広瀬さんとスズの身長についてなんですが、それを余すことなく表現するようなコマ割になってますね。狙ったのか偶然なのかは分からないけど、4コマ。

人物紹介

 圧巻のフルネーム表記。長年のファンだけどフルネームは全然覚えられない、という人も多いと思いますが(ワタシダ)、そういう人も安心。

本編

 #426のディベート回から、#456のぞみん声マネ回まで。
 例のごとく、話数は1つズレてます。うちの感想記事はマガジンの方にあわせ(ちゃっ)てるので、このリンクを貼る時が一番ややこしいですw

限定版

 今回は付属のDVDが劇場版ですので、感想はナシで。やっても似た内容になっちゃうし。
 DVDのパッケージは映画のポスターですね。まぁ、当たり前か。
gohomeclub.hatenablog.com


 ということで、終わり。
 始めりゃすぐ終わるんだからとっとと書けばよかったのにねー。ホントそう思う。
 次巻が遙か先で気が遠くなりますけど、アニメシリーズが継続したことを喜びましょう。それだけマジで終わるか続けるかの2択になってたってことですよ。きっと。