北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』523話の感想


 目次にて盗作疑惑が話題のマガジンですが、本作は1ミリも関係ないと確信できるので平和です。

#523

 ※マガジンと単行本掲載の話数では1つズレが生じています。当ブログではマガジンに掲載されてる話数に準拠しますが、本来正しいのは単行本の話数です。上記の話数に+1したのが単行本版の話数になります(この段落テンプレ)。

 扉は出島さん。最近アオリの主張が強くなってきてると思うんですが、今回のはコトミが好きそう。要するに中二っぽさあると思う。大人しくポーズとってる出島がさんがそれに妙にハマってる気もします。

 会長、さくらたんを用いて一計を案じる。やんちゃタイム。この声をかけて、相手が振り向いたら別人がいてビックリという作戦、前にも似た感じのやってた気がする。スズを使って身長差で驚かすみたいなの。会長じゃなかったっけか。
 今回はスズと違ってさくらたんを着せる、と準備の行程がデカイのでそこにツッコミが入ってオチ。ドッキリの発案者よりも協力者の方が手間かかる、というねじれがおかしい。「ドッキリの主役俺じゃない?」みたいな。

 次ページに入ると8コマでドッキリ本番。ここに8コマが来るのは以外でしたが、フリとの間にめくりがあるのは効果的なので納得もある。
 前段4コマは計画通り。タカinさくらたんが黙々と実行する様が妙におかしい。ドッキリのために一言も喋らずスタンバってる悲哀というか(結局最後まで喋らないw)。
 アリアとスズは順調に騙され‥‥るんだけど、会長が最もテンパる展開になる後段が本当に面白かった。これは見事だわ。思わぬところでドキッとする良さもあるし、単純に絵的な可愛さもヤバイ。スズのあの幸せそうな顔とか「お前そんなにさくらたん好きだったのか!」ってなりますね。アリアは相変わらずというか、ここぞの場面での育ちの良さがすごい絵面‥‥
 この同性同士だとやたらスキンシップが激しくなる感じは女子あるあるだと思います。もしくは男から見た女子あるある。くそぅ‥‥女子めぇ‥‥と羨ましがる心情も含めあるあるなのではないか。今まで中身がタカくんだと思って2人がどれだけセーブしてきたのか、を考えてもグッとくるものがありますね。

 出島さんと橋高さん。橋高さんの前だと出島さん、まだまだ未熟な後輩みたいな側面が浮き彫りになるのが好きなんですが、今回も‥‥と思ったらすごいツイストw 出島さんがポーズ決めてて可愛いんですが、発言内容が可愛いとはかけ離れている。
 てか、あそこまでのカムアウトを上司(?)である橋高さんに言える関係性ってのもなんか良いですよね。否定はされるけど、深刻なレベルで怒られるわけではない。横島先生と学園長の上下関係とはまたちょっと違うバランス。あそこはもうちょっと緊張感が混ざってるかな。

 古谷さん。古谷さんがいるといつも生徒会質の扉が開いてる。それをタカくんが勘違いするので笑った。真面目&うっかりが妙に可愛い。
 からの安定のオールドギャグ。田舎と都会という対比が、見た目は派手だけど中身はオールドな古谷さんとハマってましたね。いつものオールドギャグに1つプラスされてる感。
 古谷さんが住んでるマンションが少し言及されたのも妙に嬉しかったです。

 パリィさん、おいなりがマイブーム。おいなりで下ネタといったら……そんな想像を越えてきたので嬉しいw 「女」と書いて「アマ」と読むのとか最高だよなぁ。
 パリィさんの幸せそうな笑みが眼福なんですが、そこからのアリア遠隔聞き違いなので落差がすごい。声だけの登場で終わるのも新鮮で良かったですね。この場にいないからツッコめない。そして、食堂というパブリックな場で何やってんだ感。

 タカくんの「あつい」に対して会長とアリアが「このくらいで」と返す。シンプルな構成だからこそアリアの破壊力が際立ちますね。直前で遠隔聞き違いをテンション高く決めてたんですが、そことの緩急も感じる。近くで、落ち着いたトーンで、現物を持ち出してボケてくる。


 ということで終わり。更新が月曜になってしまいました。週末旅行いってたんですが、そのせい‥‥とも言い切れないか。旅先でも書けるし。現に半分以上書きましたし。
 今週のお気に入りはさくらたん8コマ。オチも良いし、あの抱きつく2人の絵の衝撃ですよね。

週刊少年ジャンプ2019年28号の感想


 久々にツイッターでの予想大会。雪崩くんとの決着について。よろしければ。
 悪役にしては同情できる路線というか、「彼の言い分も理解できる」みたいな感じが強まってきてるので混浴エンドが高まってきてると思うんですが(前回のエロハプニングとか憎めないキャラ演出ですし)、前回ロリ宮崎を殺そうとしたのが何気に大きな一線な気もします。あんま殺しの罪についてフォーカスされてないような気も同時にするので難しいところです。
 とりあえず、北風と太陽的なこの2つがあり得そうかな、と思ってます。ガチめな予想ではなく願望を優先するなら、「どうしたらあなたみたいに強くなれるんですか?」「それなら良い修行があるぜ(すっとぼけ)」とマッサージに突入する可能性も捨てがたいです。見たい。

 はい、ジャンプ28号です。いよいよ雪崩くんのストリップが始まりました。ぐへへ。

続きを読む

『生徒会役員共』522話の感想


 梅雨入りってマジすか。すごくいやです。

#522

 ※マガジンと単行本掲載の話数では1つズレが生じています。当ブログではマガジンに掲載されてる話数に準拠しますが、本来正しいのは単行本の話数です。上記の話数に+1したのが単行本版の話数になります(この段落テンプレ)。

 扉は横島先生。横島回というわけではないんですが、2本目とラスト7本目の担当なので納得もある。本編と衣装が違うのはお得というか、頑張るなぁという印象。ありがたいことです。

 床のワックスがけといえば『ベストキッド』ではなく『妹は思春期』であったネタを思い出す(ピカピカにしたら反射でパンツ見えるんじゃないかと男子が張り切るネタ)んですが、今回はその一歩も二歩も先に行くオチなので爆笑しました。同じく反射で何かが見えるかも、という話なんですが「新品のツルツル」からそう繋げてくるとは‥‥。
 そんな会長の内心で完結する話なんですが、「表情に出てんだよなぁ」とツッコミが入るので最高です。アリアの聞き違いとは別の良さがある。

 横島先生の爪。スクエアオフという形らしい。真っ平らで巻き爪の予防だとか。そんな会長の解説に「へー」と感心するタカくんが妙に可愛い。こういうの組織やチームに1人いると雰囲気良いのかもな、とか思った。副会長らしさかはさておき、貢献度は大きい気がする。
 そんなスクエアオフ。真似したい気持ちはありますが、爪の形が悪いからなかなか出来ないんですよねぇ。すごいコンプレックスです。今更どうすることも出来ないし。無駄ですねこの段落。
 まぁ、そんな会長の解説&感心するタカくんを尻目に横島先生が思いに耽ってオチ。まったく的外れだけど会話が成立してるから放っておこう、みたいな感じちょっと分かりますね。損はないわけですし。

 女子トイレ。いわゆる音姫の代わりに流すのもったいない問題。顔も見えないし、女子同士だし別にええがな、と思ってしまうんですが、無神経なのかな。まぁ、関わりのない問題なのですが、大変だなぁと。
 それに苦言を呈するスズの「トイレ一回につき流すのは一回」という提案に会長とアリアが思わぬリアクション。てっきり下ネタに行くんだと思ってたら全然違うので笑いました。2人からボケてくるわけでもないし、まさにスズが言ってた「思わぬ展開になってどうしよ」でした。これは予想外だw この男子禁制トーク感すごく好きです。

 2年組がマラソン。マラソンだと男女混合になる、みたいなメリットもあるのかしら。
 話としては、ラストスパートをかけるタイミングが難しく、タカくんに助言を求める轟さん。その横でマイペースなのか均一ペースなのかで走り続けてるスズが良いですね。背景ではあるんだけど、轟さんとのギャップ。実際、ペースの上げ下げはしないのが体力的に一番効率いい、みたいな話も聞いたことある気がします。スズはそれを実行してるのでしょう。
 んで、なぜタカくんに聞いたのか、でオチ。「そこに関連付けちゃうかー」は本作においてかなり汎用性高いツッコミな気がしますね。大体コレでしょ。特に下ネタに飛躍するようなとき。

 同じくマラソン大会でのムツミ。助言求めるならこっちだろ、と直接セリフとしては出てこないけど、分かってますよ的なタイミングでの登場なのでなんか良い。
 てか、背景にパリィさんいるのですね。苦戦してる様子。体力自慢って感じじゃないから納得……な気もするけど、ムツミのちょっと後ろにいるってことはかなり凄いのかも。
 話としては、直前の轟さんと似ていて「ペース配分」。当たり前ですが、轟さんとはまったく別の切り口のオチになる。ムツミの「くっ」の顔やばいですね。超可愛い。白々しい演技を見抜いてる中里さんの冷静なツッコミ、というのも関係性として素敵。大食いだけど、乙女でもあるので言い訳を用意しないとおかわりもしづらい、というめんどくささが良いですねぇ。微笑ましいったらない。

 ラストページはまさかの「前回のおまけ」。つまりは桜才新聞における夢占い特集。それが発表され、見てる人たちの話。作り手は一切出てこないってのが良いですね。それは前回やったので、という省略。
 そんな桜才新聞。4コマが載ってるのが気になります。新聞で4コマって定番なんですが、何といっても本作が4コマなわけで、4コマin4コマ。これは新聞部が描いているのだろうか。漫研に外注ってのもあり得るかな。エロ以外描けるのか(描く気あるのか)は疑問ですがw
 話としては、コトミとトッキーの夢占い。コトミが見た空飛ぶ夢について。夢としてはかなりベタな気もするんですが、コトミらしいオチになるので笑った。それに対する「妙なオプションついてる‥‥」というトッキーツッコミっも良いなぁ。引きつつ、ちょっと個性を感じる言い回し。

 桜才新聞を眺める、横島先生と小山先生。ちょっと待って、2コマ目の小山先生を横から映すショット、小山先生の胸大きくない? 主張がすごい気がするんですけど。小山先生成長中かよ(キニシスギデスヨ)。
 横島先生、赤ちゃんの頃の夢を見たらしい。小山先生が微笑みながら夢占いの結果を伝えて、直後にイヤな予感がしたので確認をしてオチ。この時間差で気づく感じは笑ったわ。小山先生が気づかなかったらスルーされてたのかも、という余地も味わい深い。
 てか、ラストページの2本、オチを除く3コマは構図が完全に同じなんですよね。吹き出しの位置まで同じなので、全体をパッと見たときの印象が変わってくる。ちょっと芸術的ですよねぇ。こういうところは4コマの魅力だなぁ。


 終わり。夢占いの後日談はサプライズで嬉しかったですねぇ。続くと思ったら続かないことも結構な確率である作品ですし。
 今週のお気に入りは1本目、会長の「あせったー」。廊下のワックスがけであのオチに行くとは思わなかったです。最高。
gohomeclub.hatenablog.com

週刊少年ジャンプ2019年27号の感想

 薬で収まったと思ってた微熱がぶり返してきました。そのうち額に痣も出来るから待ってろ。


 はいジャンプ27号。『食戟』カウントダウンです。

続きを読む

『生徒会役員共』521話の感想


 風邪みたいなの引きました。

#521

 ※マガジンと単行本掲載の話数では1つズレが生じています。当ブログではマガジンに掲載されてる話数に準拠しますが、本来正しいのは単行本の話数です。上記の話数に+1したのが単行本版の話数になります(この段落テンプレ)。

 扉は畑さん。直立不動なポーズが「無」という感じで畑さんらしいと思います。あとこのくらいのサブキャラは私服が割とレアなので嬉しいですね。

 1本目は完全に導入。桜才新聞で夢占いやるよー、という話。ちょうど生徒会が4人なので2、3ページ目の4本で各キャラの夢を描く、という構成。シンプルなだけに強い。4コマならではの良さだと思います。
 気になるのは新聞部に理性的な部員がいたという事実。ほとんど語られることのない畑さん以外の新聞部、ツッコミ役がいるのか。めっちゃ気になるw

 会長の夢。金縛りにあうらしい。それに対してスズが占いではなく科学的な返しをするのが面白いです。占わなくても夢は語りがいのあるテーマですね。てか、夢ってつまんない話の代名詞みたいなイメージなのにこんだけ話を膨らませるからすごい。
 そんな会長の発言を畑さんがメモってオチ。これマジ見事でした。金縛りからそう来たかー!!と感動するレベル。「ストレス?」という原文ママのメモがまた別の意味になってて最高‥‥

 アリアの夢。蛇が出る。蛇って時点で嫌な予感しかしないんですが、そんな読者の想定を超える一撃をかましてくれるので最高。文字通り「蛇が出る」話だったのもうまいですね。
 蛇ってだけで苦手な人はいると思うんですが、そこにド級の下ネタが加わるのでインパクトやばいです。それを簡略化された絵で見せてくるのが良いですよね。見せないでー!みたいな内容ながら、絵自体はのほほんとしてる。

 タカくんはトイレ。夢でトイレと聞くとオネショしか連想できないんですが、まったく別の選択肢が出てくるので驚きました。そんな意味あるのか。意外とポジティブな意味なのもすごい。ちなみに小の夢は見たことありますが、大の夢は一度もない気がする‥‥金か‥‥
 んで、トイレで出すものはもう1つあるだろう、ということでオチ。処理が楽だから割とメジャーなスポットらしいのですが、夢の中では嫌だなぁ‥‥トイレ限らずつらいw まぁ、見たことあるんですが。

 スズ。畑さんを警戒したのか事前に自分で調べてるので笑った。疑り深さと、占いとか信じてないだろうけど無視するとは言ってない、なスタンスがスズらしいと思います。
 そんなスズの夢。前のネタのオチもそうだけど、そのまんまの意味な気もしますね。夢でそんなことするってのはそうしたいってことだろうよ、みたいな。ただ、デートしたいとか直接的な夢じゃないのが微笑ましくもありますね。スズの理性的な面が現れてるのかもしれない。

 ラストページに入るとカエデちゃん参戦。これは予想外で嬉しいですね。ボーナスステージ感。
 企画を否定しかねない「覚えてない」に対して畑ロジックを展開。そう言われてつまらなくなった場合の対策として事前に考えてたのかもしれない。畑さんならありそう。
 てか、直前のスズも同じパターンに思えるんですが、スズは「見てない」。ちょっと違うんですね。全員必ず見てるけどそのことを忘れてるだけ、みたいな話も聞いたことありますが、まぁここでは実際はどうでもいいです。

 ラストは畑さん。会長による逆質問。丸裸にされた感あるのでその仕返しとして、みたいな感じも少なからずあるのかな。
 そんな不意の逆質問に対しても畑さんはブレない。そして自分の心は見せない。あまりに強キャラなので笑った。一方的かつ不均衡だわ。畑さん回の締めとしてふさわしすぎるw


 ということで終わり。どうでもいいけど、久しぶりに全部スマホで書きました。意外と苦もなく書けました。誤字とかのチェックはより必要だと思いますが、出先の隙間時間に出来るので便利。
 んで、今週のお気に入り。会長の夢にしようかな。畑さんのボケがあまりにうまいし、そもそも畑さんにはそれを外に発しようとする意志がないのも笑えますね。今回はたまたま気づいたけど、普段もこういうことしてるのかもしれない、という奥深さ。
gohomeclub.hatenablog.com

週刊少年ジャンプ2019年26号の感想

 週末の暑さナメてた。今年の夏を乗り切れるか不安になってきました。


 ジャンプ26号。ギャグ漫画の霊圧が消えた……?(案外そうとも言えない)

続きを読む

『生徒会役員共』520話の感想


 もうじきブログリニューアル、てか引っ越しするかもしれないです。

#520

 ※マガジンと単行本掲載の話数では1つズレが生じています。当ブログではマガジンに掲載されてる話数に準拠しますが、本来正しいのは単行本の話数です。上記の話数に+1したのが単行本版の話数になります(この段落テンプレ)。

 扉はムツミ。私服振り返りピース可愛い!! ムツミとお出かけ回じゃーい!! と思ったら違ったw く、くそぅ‥‥けど可愛いので嬉しい。

 ナオちゃんの相談。17巻描き下ろしショートの主役であるナオちゃん。新しいデートスポットをご所望。展望台という会長の提案が正攻法としてアリだし、変な解釈をしてオチにもなるのですごい。オチにはなってるけど、採用されてもおかしくないですよね。すごいバランス。
 てか、完全に背景になってるスズヘッドの存在感。いや、正確にはスズが黙って見てる、というのが一種のツッコミのような機能を有してるとも思うんですが。この常に映り込んでる感、本作を代表する魅力ですよねぇ。

 柔道部。ムツミの組み手に臆することなく名乗りを上げるトッキー。静かな表情なんだけど、中2コマぶち抜きなので味わい深いですね。むしろ表情がないことが「トッキーかっこいい」に繋がる。
 んで、それをコトミが中二解釈してオチ。柔道部のほのぼの日常として最高だと思うの。ムツミの真に受ける感じと、トッキーの焦り。愛おしいのぅ。

 次の大会のトーナメント表。初戦の相手にビビる中、ムツミが気合いを入れる……が再びコトミが中二解釈w コトミの隣のトッキーが呆れ顔してるのが良いですね。さきほどのムツミと違ってコトミのおかしさに気づいてる。
 2コマぶち抜きからのコトミオチというのが連続してるのが面白いですね。ぶち抜きって全体をパッと見たときの印象から違ってくると思うんですが、それが揃えられると独特の味わいあります。
 コトミの発言に「え ノンノン」とリアクションするムツミがなんだか可愛いです。割と独特な言い回しだと思いますが、反射で喋ってる感なのかな。

 教室に忘れ物したタカくんが二往復。スズの「ドジ」がなんだか良いです。関係性がなかったらかなりキツい発言なんだけど、刺々しさは感じない良さ。
 んで、「二往復しちゃった」でアリアが聞き違い。相変わらずうまいなw 前後の文脈を無視して1つの文章のみで聞き違いを発生するアリア、すごい。瞬発力よ。

 小山先生2コマぶち抜き。ももがパンパンなぶち抜きが可愛い。直接的にセクシーアピールしてるわけじゃないんだけど、「もも」という特定の部位について発言されると自然とそこに意識が行くので色っぽさも感じてしまうというか。
 「もも」「パンパン」で横島先生がオチ。アリアと違ってごりごりの実践派なのが横島先生の強さですね。静かにツッコむ小山先生も素敵です。
 てか、直前のネタが「オレの堪忍袋はパンパンですよ!!」というタカツッコミだったんですよね。「パンパン」で直接は関係ない2本が結ばれてる。柔道部の2本は明らかに同じ構成でしたが、こっちの2本はうっすらとセットになってる。

 漢字の音読み、訓読みに苦労するパリィさん。公園の砂場でアスカちゃんたちが遊んでるのを見てパリィさんが読み間違い。即座に指摘するスズはさすがですね。「穴」が「ケツ」と読めるって知ったのかなり最近のこと‥‥てか本作で知った気がするw

 会長とアリア。ここでもアリアの聞き違いが炸裂するので笑った。タカくん相手じゃないの珍しいですね。なんて聞き間違えたかをアリアが言うのではなく、会長が気づく、というのが会長クオリティーだったと思います。会長の耳年増スキルであり、2人のツーカーな関係性ですね。
 てか、今度は「掘る」で2本が共通してるのですね。なんだこれ。すごい面白い試みをしてる。今週、1本目以外は必ず2つでワンセットな構成。


 ということで終わり。実験的な構成がめちゃくちゃ面白い回でしたね。関係ない2つのネタを特定のキーワードで結ぶってすごい試み。気まぐれなのか、今後こういう構成が増えるのか。次回が楽しみです。
 今週のお気に入り。今週は特に1本選んでもナンセンスなんですが、強いて選ぶならパリィさんのネタかな。聞き違い系のネタが多い中、読み違いという新たなジャンルだったのが良かったです。アスカちゃんを見てひどい下ネタを言う、というギャップも笑った。
gohomeclub.hatenablog.com