北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~』『僕のヒーロー』『きっと誰もが誰かのヒーロー』の話

 映画『ヒロアカ』観てきました。そのままの勢いでブログ書く。
 平たく言うと、メリッサ最高。可愛いし、ドラマも熱いし、メガネ。『ヒロアカ』の中でも3本の指には入るくらい好き。むしろ今後の本編(連載派です)に対して「メリッサ出せよコラ」とか思ってしまいかねないレベル。

『2人の英雄』

 映画『2人の英雄』。この「2人」というのが誰と誰のことを指すのか。映画を観てる最中にこの「2人」の印象がコロコロ変わるのが良かったですね。いろんな2人のドラマが描かれる。
 逆に言うと、2人じゃないパート、要はクラスメイトのパートが個人的にはマイナスでした。仕方なくこなすノルマのように見えました。

 大体こういう人気シリーズに出てくるゲストキャラが物語の中心になると「ゲストよりレギュラーのみんな出せよ」って不満抱きがちだと思います。厳密には違うけど、いわゆるメアリースー。
 ただ、本作はまったくの逆で、むしろ「レギュラーはいいからゲスト見せろよ」でした。少なくともワタシは。メリッサ親子のドラマがもっと見たかったよ。特に、デヴィッドのドラマ(あのオチ)に関しては、デクもオールマイトももっと悩むなりしてほしかった。最終的に助けるのは分かるけど、それでも「○○だから助ける」みたいなロジックは欲しい。
 あと、メリッサが好きすぎるので、別れの場面とか欲しかったです。いくらでも泣けたぜw

 とにかく、メリッサが良い。最高。この点に関しては多くの人、ほとんどの人と意見が一致するのではないでしょうか。なぜメリッサはここまで魅力的になれたのか。堀越ヒロイン特有のムチムチ感が遺憾なく発揮されたからではないです。……それもあるけど。

『僕のヒーロー』


 結論から言うと、『ヒロアカ』の原型となった大昔の読切『僕のヒーロー』で描かれてるドラマがそのまんまメリッサに当てはまるからです。
 映画公開を記念してジャンププラスで無料公開されてます。映画終わったら有料になるのか、リンクが切れるのか。

 『僕のヒーロー』。ヒーロー社会の中、無個性ながらヒーローに憧れる主人公がヒーロー行為をサポートすることも立派なヒーローなんだと気づく物語です。
 これが『僕のヒーローアカデミア』として連載用にアレンジされる際、無個性の主人公に最強の個性が継承されるようになりました。今ではみんな慣れたんでしょうが、当時は「無個性のまま頑張る話がよかった……」と言う人めちゃくちゃ多かったです。『僕のヒーロー』を読んでるかに関わらず。
 そんな無個性のまま頑張ってるのが、今回のメリッサなんですね。

『きっと誰もが誰かのヒーロー』

 そんなメリッサの物語。映画直前のジャンプに掲載されたスピンオフ読切『きっと誰もが誰かのヒーロー』が分かりやすいです。『ヒロアカ』ファンに通じる言い方をすれば「メリッサ:オリジン」です。ヒーローに憧れるも無個性だったメリッサが、父親がサポートグッズの開発を通じてオールマイトの活躍を支えてることを知り、個性がなくてもヒーローになれることを知る。はい、『僕のヒーロー』と同じです。酷似してるなんてもんじゃない。冴えないサラリーマンをめちゃんこ可愛いメガネ幼女にしただけです。……大違いですね。

 この読切、メリッサの幼少期の話です。映画でお馴染みのあの姿は扉にしか出てきません。全編ロリ。
 なので、映画におけるメリッサは無個性の苦悩を乗り越えた後の状態です。劇中にもデクが過剰に無個性を意識するのに対してあっけらかんとしてるメリッサ、という場面が出てきましたね。
 そんな精神的には成長済みのメリッサが、実際にヒーローをサポートすることで彼女がヒーローになる。彼女の夢が一旦叶う。それが今回の『2人の英雄』。このタイトルは最終的にデクとメリッサのことを指すのでしょう。

 そんなメリッサの成長が感じられたとある場面がお気に入り。マイベストシーンです。
 デクがピンチになり、タワーから落ちそうになると、メリッサが無個性ながら敵の邪魔をして時間を稼ぐ。その隙にデクが復帰して一撃。その後、
「救けられなくてごめん」
「ありがとうでしょ?」
 というやりとりが最高なんですよー!!! メリッサ好きー!!!!!

 この『きっと誰もが誰かのヒーロー』、映画の副読書としてめちゃくちゃ重要だと思うんですが、こっちはジャンププラスで無料公開してくれないんですね。(してたけど終わった、だったらごめんなさい)
 少年ジャンプ35号ですので、マンガ喫茶行くなりしてください。大きい図書館だったら意外とジャンプ置いてあったりして。北区は置いてあります(飛び飛びだけど)。

 今回の映画『2人の英雄』は『ヒロアカ』原作者総監修が最大の売りです。入場者特典(ワタシの時は終わってましたw)でも原作者がフル稼働して原作者ファンを取り込もうと必死です。
 そんな原作者が、『ヒロアカ』初の晴れ舞台である映画のために用意したネタが、『ヒロアカ』の原点である『僕のヒーロー』からの引用なんですよ。感動的じゃない? 原作者の気合い、そして一貫性が感じられます。

 終わりです。メリッサ以外に関して言うと、テロリストのキャラが弱いのがちょっと残念でした。キャラ立ってないのに計画が途中で完全停止して学生たちの活躍パート入っちゃうのが何とも。まぁ、トータルでは良かったです。

逢魔ヶ刻動物園 5 (ジャンプコミックス)

逢魔ヶ刻動物園 5 (ジャンプコミックス)

 『僕のヒーロー』収録されてます。蒼井華かわいいです。

 『僕のヒーロー』にあった非合法ヒーローになるという話は『ヒロアカ』のスピンオフ『ヴィジランテ』に継承されてます。主人公は幼女ではなく冴えない系ですw

ザ・ask箱

 最近自分語りが楽しくて仕方ないんですが、語るためには取っかかりが必要なので、質問箱でも始めてみようかなーと思いました。「質問箱」で検索して一番上のところに飛んで……と思ったら、いくつか下のところにかつてのスキャンダル記事を見つける。
 ああーそんなんもあったっけなー、と懐かしい気持ちになって、質問箱やる気が失せました。
 ちなみに、あの自作自演を暴露した件をスキャンダルと取るかは人によります。ワタシは割と否定的に感じたけど、「歯に衣着せぬ運営おもれー」となる気持ちも分かる。多少なり好意的に思ってる人がアレやってたらワタシもそっちに転がってたかも。

 思えばツイッターと連携させた質問サービスも有名なので3つ目ですね。細かくはもっとあるかもしれないけど。ザ・インタビュー、ask.fm、そして質問箱。まぁ、askは別にまだ死んでないんだけど。いろいろ大変らしいです。
 3つ目ですよ。もうツイッター老人じゃん。「思えば昔にも似たようなことがあったのじゃ……」とか言い出したらもう完全に村の長老、語り部ですよ。マジかー、ちょっとショック。

 てか、こないだツイッター開いたら「今日はあなたがツイッターを始めた記念日です!!」みたいな通知があったんですよ。それだけなら「知らんがな」で終わるんですが、8年目らしくて。
 は、はちねん……。マジ老人じゃん。もちろんワタシが始めた時にもうやってたフォロイーの人が今も元気にやってるから最長老ではないんだけど、8年ってヤバイ。
 特に日本のツイッターは嫌な話も聞きますけど、まぁ何だかんだで居心地よく使っちゃってますね。入り浸ってるというか。毎日リプライ送りあってる人が突然凍結されたりもして「ツイッター社マジ何なん……」となったこともあります。てか、つい最近。あれマジ何だったんだろうなw(その人に非はないです)

 ここまで書いて気づいたけど、ツイッターは続けて質問箱はやらないのかよ、という話ですね。整合性がない。まぁ、始めるって腰が重いものですし。そういうもんですよ。退会するの忘れがちだから極力増やしたくないって気持ちもあるし。
 まぁ、なんか質問あったらこの記事のコメント欄にコメントください。質問を元に記事を書くか、コメ欄で返信するかは分かりませんが、返事すると思います。返信方法まったく考えてないけど、とりあえず別記事にするにしてもこの記事を開けばリンク辿れるようにはします。

THE ALBUM

THE ALBUM

 ザアルバムと読む。「ザ」じゃなくて「ジ」だろう!!ということで。そもそも今回この件を思いついた(思い出した)キッカケがこのアルバムだったりします。
 「ジ」なんだけど、まぁ「ザ」にしたい気持ちも分かるよなぁ。変だもんね。カタカナだと。
ブラックパンサー ザ・アルバム [Explicit]

ブラックパンサー ザ・アルバム [Explicit]

 まさかケンドリックラマーも「ザ」派だったとは……(チガウヨ)

週刊少年ジャンプの2018年上半期をふりかえるよー

 上半期を振り返ります。8月だろうと関係ない。俺たちの下半期はこれからだ!
 多分「下半期」はやりません。ずるいよね。
gohomeclub.hatenablog.com
gohomeclub.hatenablog.com
 はじめにレギュレーション。当記事で扱うのは2018年06号から2018年30号です。計24冊。まぁ、要するに2018年の1ー6月の間に発売された分。当たり前なんだけど、雑誌は12月から新年だから一応言っておかないと。
 フェアプレーポイントは存在しないので無気力試合はしないでください。
(……この段落は7月の頭に書いたからワールドカップネタが多いのです)

続きを読む

『カメラを止めるな!』を観て、ありがたかったり、少し申し訳なくなったり

 話題作『カメラを止めるな!』観てきましたよ。帰宅直後にコレ書いてます。ただ、感想ではないです。

 前から話題だった、超話題でした。その評判、噂、「ネタバレいかんぞ!!」みたいな一体感、伝わってきてました。すごい面白そうだと思いつつ、スルー。体調悪いやら、暑いやら(暑くなる前からやってたかも)、めんどくさいやら。
 そうです、めんどくさい、です。最初、極々一部での公開だったじゃないですか。まぁ、大作じゃないから当たり前なんだけど、わざわざ行くのもなぁ……とかウジウジしてました。そんなウジウジの中、「今日も満員御礼!!」みたいなテンション高い噂も聞こえてきて、「満員なら行っても仕方ない」とかなったり。行かない理由を探してました。

 そうこうしてると、あまりの大評判なので拡大公開。いよいよ「そろそろ観ないとマズい……」という緊迫感。TOHO系列でやるようになり、割とよく行く映画館でもかかるようになりました。
 ただ、やっぱ暑くてですね。あと、本格的に体調が悪くなってきてですね。「車で行けるトコがいいなー」とナメたこと考えてました。
 そんなこんなで、さらなる拡大公開。TOHOの中でも上映館がさらに増えました。その中に、ついに来た。ワタシが超よく行くTOHOが。

 ということで、ようやく観てきました。車で。楽で良かったです。
 映画は本当に面白かったです。観れてよかった。まぁ、ここまで観るのを渋ってた身なんで「これはオレの映画だ!!」みたいな盛り上がりはさすがにしませんよ。ホントめっちゃ面白かったので高揚感はあるんですが、そこまで対外的に言いづらいというか。既にカルトというか、お祭り状態でしたからね。こちとらTシャツで参加してるようなもんなので、ハッピ着てワッショイしてる人たちと同じにはなれない。

 ありがたい。ありがたいのです。映画そのものもそうだけど、実感として湧くのは公開直後から劇場に足を運んでた人。満員でもめげずにリトライした人。などなど。ああいう人たちのおかげで拡大上映になったんだと思います。ワタシはそのおこぼれを頂戴してるに過ぎないのです。

 思い返してみると、今年の末に長尺版が公開される『この世界の片隅に』の時もそうでした。なんかすごい映画が来るらしいという噂は知りつつも、ウダウダしてました。んで、公開されるやいなや社会現象が勃発。
 そんな後、シネコンの大きなスクリーンで観てきました。車で。楽でした。

 『レイド GOKUDO』の時もそうでした。待望の続編だったんですが、公開直後は「修正されてるらしいよ……」という嫌な話題も多かったです(R15)。そんなこともあり、あと足を運ぶのがめんどいのもあり、ウタウダしてると、好評のため無修正版(R18)が公開されるようになりました。さすがに申し訳なくなったので、行きました。面白かったです。ベースボースバットマン大好き。
 まぁ、ちょっとこの『レイド2』に関しては日本での配給、公開の事情がクソなので、『この世界の片隅に』『カメラを止めるな!』と並べて語るのは違うかもしれませんね。
 『レイド2』を公開初日とかに観た人には本当に感謝の念しかありません。彼らのおかげでR18版にありつけました。ただ、ちょっと出来レースだったのでは??みたいな疑いもしてしまうというか、胡散臭さもあった気がします。「こうすりゃ2度来んだろ」みたいな。だとしたら、マジ胸くそですね。初日に行くような熱心なファンが損をするのは本当に良くない。

 念のためですが、『レイド2』R18版と『この世界の片隅に』の長尺版とはまったく別の話ですよ。

 とにかく、後乗りでホントすいません、という話でした。せっかく東京に住んでんのに……ですよね。分かります。

最近のジャンプと師匠キャラ

 最近のジャンプって師匠キャラやたら多いよね?? そう思ったから書き始めました。「そうだねー」「たしかに」「いやいやそんなことはない」と思ってもらえたら、もうその時点で終わりです。劇終。NGシーン集が始まります。

 「最近の」ですからね。亀仙人とかそういうのはナシです。まぁ、ジャンプと師匠キャラを考えようと思ったら『ドラゴンボール』はまさにでっかい宝島なんですけど。師匠多すぎ。
shonenjumpplus.com
shonenjumpplus.com
 本記事のオフィシャルマスコットキャラであるミウラ師匠が特集されたインタビュー漫画のリンクを貼っておきます。可愛すぎかよ。(ちなみにミウラは佐伯から見た師匠)

続きを読む

ラジオを倍速で聞く話

 ラジオが好きなんですが、基本録音です。時間の拘束がめんどい、CM飛ばせない、環境が制限される、などの理由が後から考えるとありますが、一番最初の理由は「深夜ラジオを毎日聞いてらんない」です。
 ラジオにハマったきっかけは深夜ラジオでした。主にジャンク。まだ雨上がり、アンタッチャブルが元気でした。極楽とんぼは休みで代わりにおぎやはぎだった頃……だと思う。ちょっと覚えてない。
 さらに言うと、深夜ラジオにハマったきっかけはポッドキャストでした。iPod買った頃だったかは忘れたけど、無料だしええやん!!ということで名前の知ってる芸人の番組を聴き出したらハマった。ポッドキャストでは放送後記的なフリートークしてる番組もあれば、本放送の一部を切り取って配信してる番組もありました。その両方とも、感想は「全部聴きたい」でした。そんくらいハマった。
 深夜にラジオつけてみたら驚きました。ポッドキャストと同じ面白さの内容が2時間やってる。ポッドキャストは長くても30分とかですんでマジ衝撃。これは本放送聴くしかない。
 調べてみるとラジオを録音して聴く機械、1万くらいだったと思います。ICレコーダーにラジオチューナーが入ってるやつだったかな。それを購入。聴く。おもしろーい。

 ラジオの思い出話じゃなかった。倍速の話。
 あれから時は流れ、当たり前に録音ラジオを聴き浸る日々が続いてるんですが、ある壁にぶつかる。聴く番組が増えすぎて1週間分が1週間で聴き終わらない。
 そんな時、iPodの再生画面にあったのが早回し機能。正しい名前は知らない。とにかく押してみる。は、はやい。お馴染みの声の人がめっちゃ早口になってるのでおかしくもあり、話についていけない。喋り声は聞き取れるのに頭の処理が追いつかない不思議な感覚でした。
 とはいえ、不思議なもんで、慣れます。慣れると等速で聴くのが馬鹿らしくなります。空いた時間で違う番組聴いた方がいいに決まってる。
 最初は1.5倍で「こんなん無理」だったんですが、今ではフツーに2倍です。再生する機材の関係で2倍が最高なのでその先は分かりません。が、2倍で限界に近いと思う。結構せせこましい。

 倍速再生あるある、というかワタシの中での特徴なんですが、音量は大きめにしないとキツいです。それもイヤホン、ヘッドホンで。スピーカーで聴くとなぜか難しい。ひょっとしたら大きめの音量に対する不快感、違和感がスピーカーの方があるのかもしれません。詳しくは知らん。スピーカーだと1.6倍くらいがちょうどいい。

 倍速再生で良いところ。CMは飛ばさなくてもすぐに終わる。CMが1分あっても30秒で終わりますからね。歩きながらの時とか、手で操作するのがめんどい時はスキップするのサボってしまいます。

 倍速再生の悪いところ。困ったところ。番組内で曲がかかる時にどうするか。
 これはちょっと考えが割れます。別に曲も倍速でええやんけ、というのも分かるんですが、興味ある曲とかだとやっぱ等倍で聴きたい。興味ない曲は等倍もしくはスキップ、興味ある曲(選曲)の時は等倍、という風にしてます。めんどいですが、気になってしまう。
 具体例だと、『カーボーイ』の「私も卒業歌ってみました」は倍速でおk。基本的に知ってる曲ですし。『バナナムーン』の「ヒムペキ兄さん」は等倍。今だと『Creepy Nutsオールナイトニッポンゼロ』の「大江戸シーラン」も倍速です。最初は等倍に戻してたけど、戻すのめんどくなりました。ただ、他よりも集中力が必要な箇所です。ちょっと聴き取りづらい。そして、その後のR-指定の曲紹介のコーナーは等倍です。深夜ラジオなのに曲紹介が一番面白いという希有な番組ですね。番組1曲目もなるべく等倍(こっちはたまにサボってしまう)。
 曲をかけるような番組、曲について語る番組って少ないんですが、『タマフル』を聴き出してから増えました。が、『タマフル』はいい。番組の中で1回。あっても2、3回だから。それが『アトロク』になったら大変。等倍に戻すべき回数は同じなんですが、番組が週に5回もありやがる。これは困った。等倍に戻す回数が圧倒的に増えました。
 前は律儀に等倍に戻してたんですが、最近は録音の消化がまったく追いつかない……これも『アトロク』のせいですね。とにかく録音ラジオ地獄。趣味殺し、人殺し。なので、ライブコーナーになると「今日の人はいいかなー」という悪魔のささやきも増えました。そうすると、等倍には戻さず、時間を飛ばす。大体105分から110分の間らへんまで飛ばします。そうすると投稿コーナーになってる。ラジオ通販は面白いけど、商品紹介がマンネリなのでついでに飛ばしてしまいます。ライブコーナーを聴いた時は聴く。倍速から等倍に戻すには再生機(今はウォークマン)の画面をつけないといけないので、「それだったらいっそ全部飛ばしちゃえば?」ってなるんですよね。ここで1つの作業が生まれるというのがデカい。

 終わり。長くなってしまった。最初に思い出に浸ったのが良くなかった。思い出に浸るならそれはそれで1つの記事でいけたわ。
 てか、ラジオの話はする機会がないのでとても楽しい。録音派のつらいところは「今日の放送おもしろかったー!!」ってツイッターで発言できない点ですねw

DIAMOND

DIAMOND

 曲紹介が一番面白いという深夜ラジオ失格(ウソデスヨ)なR-指定の曲紹介。個人的に「スーパーバックシャン」の回が一番好きです。旦那の出張先がフランスの理由、気づいてなかったw

無印のシリコンカップがイヤホンケースにいいよ

 買い物の話。今年の買い物の中で気に入ってるもの。
 特に追加の説明とかはないです。タイトルのまんま。終わり。

 多分ですが、イヤホンケース探しももう少しガチればちょうどいいのあると思うんですが、家電量販店とかで探した程度では、個人的に気に入るものがなかった。
 条件としては、イヤーピースが隠れる、ケーブルがばらけない。この2つです。小さすぎても大きすぎても困る。

 「無印 シリコンカップ」でググってもらうのが早いんですけど、携帯用のコップです。薄いです。基本平面で、横からグイッとすると少し膨らむのでコップとして使える。水の容量は使わないから知りませんけど、小さいと思います。とにかく携帯に便利、ということですね。多分出先で歯磨きする人とかに好評なんだと思う。

 イヤホン。当たり前ですが、ヘッドホンは無理です。特殊な機構、特殊な形してるのも無理です。多分。知らん。
 とりあえず巻きます。直径はカップの大きさくらい。ちょっと大きいくらいがしっくりくるかも。巻く際、手前、奥、手前、奥……と交互させると絡まりにくいです。これは割と有名。
 あとは、当然イヤホンのハウジングの方をコップの奥に突っ込みます。んで、ケーブルも入れれば終了。ケーブルが半分くらいはみ出しても問題はないです。特にこぼれることはない。はみ出た分邪魔なだけです。
 一応はみ出した方が、ケーブルへの負担は小さいと思います。これが便利です。小さめのイヤホンケースに無理矢理押し込んだ時の「断線したらどうしよう……」という恐怖感ですね。基本こういう恐怖に日々さいなまれる性格ですので、少しでも安心が欲しい。かもしれない断線。マジ恐怖。
 ハウジング、イヤーピースの部分は隠れるのでカバンの中に入れても汚れません。これ欲しかった。これだけが欲しかった。

 イヤホンケース難民になってる時の話。大きめのピルケースとかに入れたらイケるんじゃ??とか期待して小物入れのコーナー探したんですが、めぼしい大きさのものはナシ。
 そんな時に目に入ってきた得体の知れないものがシリコンカップだったんですね。大きさと形、柔らかさが理想的だったのですが、手に取ってから「えっこれコップなの??」と驚きました。まぁ、コップとして使うことは今後ないです。イヤホン突っ込んでるから汚いです。

 終わり。夏バテで気怠い毎日送ってると独り言が捗ります。あれ書こう、これ書こうと次々出てくる。書いたところで何になるのか、とか考えてもナンセンスです。アクセスもないです。ジャンプの話すると少し増える。ゲンキンですね。やっぱジャンプの人って思われてるんだろうなぁ。ブログの現状を考えたら当たり前だけど。
 ジャンプ記事で突然イヤホンケースの話するチャンスはないと思うので、こういう無駄話記事を書いてるわけです。隙あらば自分語り、好きな話題への脱線をもくろんでるけど、イヤホンケースは無理だと思うw

 まぁ、とにかくイヤホンケース難民っていう人は、無印のシリコンカップを一考してみると、意外と……かもしれません。むしろ「そんな代用品に頼らなくてもこのイヤホンケースでええやん」というガチグッズあったらご一報ください。