北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』539話の感想


 スポーツの秋。性欲のアキ(とりあえず言いたくなる)。

#539

 扉は森さん。桜才の選挙が4週にもわたる長編だったのでその反動としての英稜って感じありますね。
 アオリが言ってる「生徒会全メンバー」というのは桜才も含むということだろうか。だとすると劇中のモブ生徒からの人気ではなく本作の読者人気と考えていいのかな。さすがに両会長の牙城は崩せないと思うのでアリアスズと争う位置ですかね。

 英稜の日常回。最初に「笑顔のたえない学校作り」が宣言されますが、別に今週のすべてのネタがそのテーマになるわけではない。このネタだけ。
 そんな笑顔でオチ。非下ネタでありながら、英稜生徒会の仲の良さ、各キャラの個性、そしてほのぼの日常感があってかなり好き。

 ウオミーがソフトボール部の助っ人。そういえばウオミーがソフトボールやるの初めてじゃないですね。作者の趣味ってのもあるんだろうけど、ウオミーがやるスポーツといえばとりあえずソフトボール、みたいな感じもあると思う。スポーツの秋ということで、みたいな。
 ウオミーが誇らしげに4番ライトであることを告げるも青葉さんにすごさが通じなくてオチ。これは笑った。ボケの自覚がないタイプのオチが良いですね。それが青葉さんらしさでもありますし(最近は無個性以外にも個性出てきましたが)。
 てか、柱の青葉さん紹介が「まともなツッコミ役」と書かれてるのにその真横で青葉さんがオチを担当してるのがなんか笑える。紹介文の更新は期待してないけど、位置がよりによって。

 ウオミー、大活躍。直前のネタではソフトボール(野球)のこと何も知らなかった青葉さんが「おー」と喜んでるのが何とも微笑ましい光景。ルール知らなくても分かる活躍、という意味でも納得ですし、ルール知らないなりに楽しもうとする姿勢が良い。
 会心の当たりで手がじんじん痺れるウオミーでオチ。ウオミーは心の声で下ネタを思いつくんだけど、それを本能的に察知する森さんのツッコミで笑った。何も知らない青葉さんと、知り得ないことまで知る森さん。

 森さんと広瀬さん。1、3コマ目が無言の手のアップになってて独特のリズムあると思います。
 森さんの天然でモテそうな言動、からの体育会系な広瀬さんの反応というコントラストが良かったです。2人の個性が互いに引き立ってキャラ萌え。
 何気ない光景に見えるけど次のネタで別の見方が提示されて‥‥と続くんですが、ごめんなさい初読の段階でそっちの連想してしまいましたw 次のネタがなくてもユウノゾの百合尊い、とかブログに書いてたと思う。

 ということで手を握り合う2人の姿をウオミーが誤解。2コマぶち抜きになると美しさが増すので良いですね。2人の身長差がより強調されてるのも良いよなぁ。この絵面はマジでときめいてしまうw 広瀬さんが驚くほど平熱な表情のまま横目にウオミーを見てるのがクールで素敵です。前ネタのオチの天真爛漫な姿も魅力的なんですが、この2コマはまた違った角度の魅力、破壊力があると思う。

 今度は広瀬さんとウオミー。先ほどのネタを踏まえると広瀬さん総攻めみたいな印象も湧いてしまうw
 広瀬さんの魅力は素直さにありますよね。オチでもウオミーの発言の真意に気づくことなく、それでいて悩むことなく瞬時に言う通りにしてるのが良さだと思います。それを第三者の立場から察知してツッコミ、もしくは話を戻す森さん、という英稜の日常風景感。

 疲れた森さんにウオミーからアメのプレゼント。糖分補給のつもりが森さんは違う意味でありがたがって‥‥。数えてみたらこれ以前の6本のうち5本が森さんのツッコミでした。仕事しすぎw 桜才のタカスズと違ってツッコミが1人しかいないんですよね。まぁ、会長とアリアみたいなツートップもないんですが。前のネタとか顕著ですが、他のキャラがメインのネタでも最後に締めとしてツッコミを放る、みたいな出番も多いと思います。英稜生徒会は森さんが回してると言っても過言ではないかもw


 終わり。英稜回なんですが、そうすると実質的に森さん回になりがち、という話でもありましたね。
 お気に入りとしては何と言っても「百合系」。4コマ目以外言葉のない構成も面白かったですし、やはり絵としての魅力、ときめきがヤバかったです。

週刊少年ジャンプ2019年45号の感想

 風邪ひきました。コガラシくんと一緒だーヤッター!!

続きを読む

『生徒会役員共』538話の感想


 涼しくなってきて助かります。

#538

 扉はコトミ。すんごい良かった。めっちゃ可愛くないですか? 見返りの構図は鉄板なのだなと改めて痛感しました。この子に入れたい!!(票を)

 生徒会選挙の投票日。候補者目線で進行するの新鮮で面白いです。まぁ私の漫画などの知識が少ないだけかもしれませんが。
 オチとしては畑さん。会長の「ライバルは自分自身」という発言の解釈。間違ってはいないけど‥‥という情報の切り取り方が悪い意味でマスコミっぽいw てか、この手のネタ、今回の選挙編でちょっと多いですよね。立場とシチュエーションによって自然とそっち系に偏ったんですかね。

 投票場。場面説明のためだけの背景的な1コマでもムツミが出るのは嬉しいですよ。そもそもキャラクター的に「普通の人だとこうですが」というフリに使われやすいですし。
 んで、オチはネネ。定番の振動ネタなんですが、まさかの箇所なので笑った。笑ったというか「そんなのあるの!?」という衝撃w 思わず検索しちゃいましたよ。性感とは無関係なイメージだったので。そこまで開発が進んでるのか‥‥。
 あと、最後のスズに対する「あ 没収ですか?」という淡々とした対応が好きです。改まった場であることを多少は認識してる。

 前のスズもそうですが、選挙管理委員目線の話。投票用紙を作る話ってすごい新鮮です。初めてこのことについて考えたかもしれない。当たり前ですが、作る人がいるわけですよね。今回の選挙編の中でも管理委員がメインになる話は少なかったと思うので、そういう意外性もあったのかな。
 オチ。タカツッコミが黙々と行われる感じが良い。前のスズもそうだけど、場の雰囲気を考えて荒らげる系のツッコミにはしてないっぽいですよね。目の前のボケを粛々と「阻止」して終わる感じ。
 チェックはチェックでも前後の文章によって意味が大きく変わる、というアリアのオチはちょっと目から鱗でした。チェックなのに模様が全然違うw

 別室で待つ候補者。今更ですが、ボケに囲まれたカエデちゃんが孤独ですね。それを再認識するようなオチだったと思います。1つの出来事に対して複数のボケが発生し、その状況に対して会長が微笑ましくしてるのがカエデちゃんが馴染めない異常空間として笑えました。3人のテンションがそれぞれ違って、違うのに調和が取れてる感じが良いんだよなぁ。カオスにも見えるんだけど。

 平常に見えた会長がトイレに行くと‥‥。地味に前のネタとの繋がりが強いですよね。お茶からのトイレってのもそうだし、前のネタのオチ、ボケ倒して「わきあいあい」としてた皆は実は緊張していた、と分かる。ボケキャラだからあの異様なことになったわけではなく(それもあるけどw)、緊張してたからだったわけですね。
 直接は関係ないけど、2つ前のアリアのオチとこのネタのオチもうっすらと繋がって‥‥いるは言い過ぎだけどちょっと連想してしまいますね。今週やたらとパンツへの言及が多いw

 ラストページ。会長の再選。圧勝でした。1コマ目、祝福される会長がなんだか可愛い。どういう感情なのだろうか。あと2コマ目の祝福する落選者たちの絵も可愛いですね。負けて満面の笑みなカエデちゃんも可愛いし、添え物状態の2人も可愛い。
 からの会長でオチ。これまた前のネタから続いてて、緊張からついに解放される。大きな違いは今回は人前だという点ですね。トイレの個室という誰にも見せない場所からの、みんなの前というコントラスト。人前では品格を保とうとするのは会長としての重圧を感じさせますね。再選前の方が会長らしさがあった、と考えるのも面白そう。

 ラスト。いつもの生徒会室に戻って一安心、からの畑さんが来て投票理由。選挙編の初めに「津田氏を右腕に起きたい」と立候補の目的が語られてましたが(畑さん)、ちょっとそことも通じるのかな。この学園における生徒会長というポストはそういう目でしか見られてないというかw
 てか、一般の生徒が会長とタカくんの仲を見守ってる、ってのはありそうでなかったネタなんじゃないですかね。公然の秘密みたいなことなのかもしれませんし、そもそもあの4コマ目の発言は畑さんが勝手なこと言ってるだけとも解釈できる余地もあるんですが(鍵括弧がない)。


 終わり。まさかの4週という長編が終わりました。そりゃそうやろ、という選挙結果ではありましたが、最後の「そういう目で見られてたの!?」という部分はかなり衝撃的でした。桜才も少しずつ変わってきてるんだろうな、みたいな。初期ではまずあり得なかった話ですよね。
 今週のお気に入り。アリアの投票用紙かな。オチで妙に感心してしまいましたw
gohomeclub.hatenablog.com

週刊少年ジャンプ2019年44号の感想

 映画化関連で誌面では放置されてる情報があって悲しい限り。


続きを読む

『サイボーグ009 BGOOPARTS DELETE』3話の感想

gohomeclub.hatenablog.com

 チャンピオンREDを買うためにちゃんとした本屋に行くのが結構大変、と気づきました。

「神話復活編③」

 009とアポロンのバトルがメインに描かれるのかと思ったら、009以外の集合が先でした。全員集合横並びとは行きませんが、これだけ揃うとやっぱアガりますね。よく見ると全員が1コマに収まるショットが1つもないことに気づくんですが、これは009との合流待ちってことでしょうね。

 ギルモア博士の墓。本作だとギルモア博士出ない感じなのか。本家シリーズから年月が経ってゼロゼロナンバーは老けないという設定なのか……と思ったら違った。いや、ギルモア博士はこのまま出ない、生身の人間は送れない可能性もあるんですが。
 とにかく本作、本シリーズのあり方、立ち位置がかなり見えてきましたね。「存在が消えてしまった世界の一つ」と出てきました。時間旅行とか世界線とかそういう類ですね。どのような言葉で説明されるかは分かりませんが。かなりSF的な飛躍があって、そこが本作の肝だと思います。往年の名作を、今、続編として、新作として、作る意味ですね。リメイク、リブートではないってのがポイントでしょう。本家とがっつり繋げるためのSF設定。
 こうなってくると、神話復活編が終わっても本作は続く、続けることが可能ということですよね。まぁ、サブタイの時点でかなり怪しかったのですが、今回明確になりました。今後どれだけ続くかは分かりませんし、ミュートスの次どの話の世界に行くかは分かりませんが、ちょっとこの感じ、個人的にはゲームの『キングダムハーツ』を連想するかな。いろんな世界に旅する感じが。全部1つの作品なんですが、そもそも『サイボーグ009』という作品が一繋ぎで形成された物語でないのでこうなるのも納得だと思います。あとは『アベンジャーズ エンドゲーム』における時間旅行かなぁ。いろんな作品の世界にお邪魔する感じとか似てると思います。もちろん旅先で始まる物語がメインになるのでその点は大きく異なりますが。

 「あの真の敵との戦い」。タイトルにブラックゴーストが入ってるので、ブラックゴーストが重要なファクターになるのは確実なんですが、こう露骨に引っ張られるとそれはまた別なのかな。ゼロからの設定をぶち込まないと仮定するならやっぱ神とか天使との戦いってことになるんでしょうか。

 本日の目玉、009vsアポロン。楽しみにしてましたが、すごい良かったです。本家シリーズと比べるとかなり理屈っぽい展開になってるんですが、そこがめちゃくちゃ好み。加速装置にレベルを設定したりしてよりロジカルにする土台は出来てたんですが、バトルはこうなるんですねぇ。今後も楽しみです。
 加速装置の使い方、加速装置による防御性能のアップとか、突飛な設定は盛らずに「確かにそうかもなぁ」と納得できるので素晴らしかったと思います。それに、アポロンが左手を囮にするのも戦略として面白いし、面白いんだけど、キャラクターとしての矛盾、いわゆる「飛影はそんなこと言わない」的な指摘を盛り込んで話が進んでいくのとか見事ですよね。別の作者が作る『サイボーグ009』という本作の立場を意識させるような展開でもあり面白かったです。要するに「キャラクターの整合性はめっちゃ気をつけるからね!」というファンへの牽制w
 それと、個人的に刺さったのはパリでの、エッフェル塔でのバトル。ロケーションとして最高すぎるでしょ。絵としての新鮮さが良かったです。加速装置バトルなので一般人には気づかれない。「派手」と「人知れず」が無理なく同居してる。


 終わり。神話復活編の先のことも考えてしまうような内容でしたね。意外とサクサク解決して次に行ったりするのかしら。じゃないと気が遠くなるw まぁ、楽しみがなくならないのでそれもアリかな。

『生徒会役員共』537話の感想


 三連休が終わったので次のジャンプは月曜。嬉しい。

#537

 扉はパリィ。私服。オシャレ弱者としては、肩出し過ぎじゃない? と恐れおののいてしまうんだぜ。

 候補者演説。ちゃんとした選挙戦やるんかい!! とひっくり返りました。てっきり選挙結果の話になるものだとばかりw 先週のアオリは何だったのか。真に受けたのが間違いってことなんだろうけど。
 演説前の会長に声をかける。よくタカアームに「選挙管」と書かれた腕章がありますね。選挙管理委員とかなのでしょう。だから何だという話ではありますが割と大事な気もする。別のネタだとアリアの腕にも確認できるのでスズもそうなんでしょうね。そして、先週の水泳大会のときには腕章は確認できなかったので、水泳大会はあくまでも前戯で、選挙としては今週からが本番ってことなのでしょうか。

 カエデマニフェスト。当然ですが風紀。学園のモブ生徒に下ネタ好きが多かったら選挙は不利かもしれないw
 前のネタで緊張について語られたんですが(違ったけど)、こっちのネタではカエデちゃんが突拍子もないユーモアを挟もうとして滑る。慣れないことはするもんじゃないって話でもあるんでしょうが、緊張してたって事情もあるんじゃないですかね。具体的には描かれてないけど。

 コトミマニフェスト。スポーツの充実。スポーツ強豪校を目指す。これはムエタイ部設立からのムツミ柔道部退部という波乱の展開か??(絶対違う) ただ、今の桜才にムエタイ部が出来たらムツミはムエタイと柔道のどっちを選ぶのか、ちょっと気になります。さすがに柔道だろうけど。
 トッキーが内心で感心してから、コトミが噛んじゃってオチ。3コマ目の「いいコト言うじゃん」は心の声で、4コマ目の「最後の最後でやっちゃったよ」は声に出してるってのがポイントじゃないですかね。いてもたっても感だし、ツッコミという救済を少しでも与えてやりたいとか。

 パリィマニフェストアメリカンスタイルのカフェテリアの提案。ここも感心を挟んでからのオチなんですが、感心の役割が横島先生(と小山先生)なのが意外でした。パリィと関わりの深いキャラといえばスズですが、会長以外の候補者に肩入れするような描写は避けたのかな。
 オチはアニメによる日本誤解ネタなんですが、「また誤解している‥‥」のツッコミが誰なのかよく分かんないんですよね。流れとしては横島先生か小山先生ですが、ちょっとイメージが結びつかない気もする。桜才生徒の総意みたいな感じなんですかね。パリィのあのキャラクターがどこまで認知されてるかはさておき。

 シノマニフェスト。そういえば、今週もタカくんが会長のことを呼ぶ場面なかったですね。来週もこのまま逃げ切る可能性あるけど、再選後「一度くらい呼んでくれてもよかったのに‥‥」みたいな可能性もあるか?
 ネタとしては感心からのオチ。演説なのでそりゃそうだという構成なんですが、このネタだけ最後のオチが演説の内容とは関係ないんですよね。気づく人(生徒会)だけは気づく。隙のない演説を通す会長のすごさであり、生徒会の繋がりの深さを感じさせる構成だったと思います。こういうとこホント見事よね。
 あとこのネタの見所としては、オチになってる会長の「手」が2コマ目で既に見えてる点よね。引きのショットで絵もデフォルメなので実態は分からないけどこのとき既に‥‥と味わいが変わってくる。

 ラストページは8コマ連結。投票日前日、各人が握手してアピール。政治家の選挙と違って選挙活動が狭い学園内に限定されるから、という特殊性がありますね。そしてその狭さがオチにも繋がってくる。
 そんなオチなんですが、選挙の握手が違う意味に見えてきて‥‥。最初、「握手っつったらカエデちゃんで男性恐怖症ネタでしょ」とか思ったんですよ。けどないんですよね。なぜかと思えばこのオチのためなのでしょう。似たニュアンスなのでオチのインパクトが弱まってしまう。
 あと、絵として5コマ目、6コマ目のクライマックス感好きですねぇ。本作でこんな盛り上がりを目にすることになるとは。衝撃。それぞれを2つに分割しててここが実質4コマなんですが、上下で真面目キャラとそうでないお気楽組に分かれてるので本来の8コマ漫画のコマ割りとしても収まりが良いと思います。
 あとあと、パリィが握手しようとしてたの、こないだ見事なパンチラを披露した人ですよね。割と定期的に登場してると思う。同一人物でいいと思う。見た目で個性ばっちりあってファンがいてもおかしくないレベルの存在感だと思います。次巻でフルネームが発表になっても不思議じゃない‥‥さすがに無理かw


 終わり。予想外の展開でした。予想外で驚くけど「いや本来こうあるべきだけど」と不思議な気持ちになるw
 今週のお気に入りとしては「シノの公約」ですかね。他の3人とボケの毛色が違うのでより印象的でした。まぁ、そういう意味では構成の妙なので1本だけが優れてるという話でもないんですけどね。まぁ、とりあえずのまとめ感としてやってるだけですのでw
gohomeclub.hatenablog.com

週刊少年ジャンプ2019年43号の感想

 本当に遅くなってしまいました。さすがにジャンプ5日目は飽きる。


続きを読む